Yahoo!知恵袋でよく見るクレジットカード現金化に関する疑問にお答えします!

Yahoo!知恵袋にはクレジットカードの現金化に関する様々な質問と回答が寄せられています。
現金化では取引にまだまだわからないところや不安なところが多いため、実際に依頼する前に疑問点を知恵袋で確かめた上で利用しようと考えている方が多い傾向があるようです。

しかし残念ながら、回答の信憑性はあまり高いものではありません。
なぜなら、知恵袋の回答者は実際に現金化を行ったことがある方だけでなく、業者によるサクラや憶測による回答も数多く含まれているからです。
予備知識のない方が信頼に値する回答とそうでないものを見分けることは大変難しく、結果として間違った情報を信じてしまう可能性が十分に考えられます。

そうなると、デメリットも大きなものとなってしまいます。
例えば、あまり心配する必要がないところで用心を重ねてしまった結果、実際に現金化を行う前に何十もの業者のHPを回遊する方が少なくありません。
また誤った情報を信じてしまったために優良業者を候補から外し、条件のあまり良くない業者へ依頼することになってしまった例もあります。
これを防ぐには、知恵袋の質問と回答を参考にする一方で、より確かな情報も頭に入れておくことが大切です。
今回は、知恵袋でよく見かけるクレジットカード現金化に関する疑問と、それに対する正しい答えをご紹介致します。

クレジットカードの現金化は カードを業者に売るということ?

南京錠とクレジットカード

まずはクレジットカード現金化の仕組みについての疑問です。

「現金化」と耳にして、カードそのものを業者へ売り渡すと考えている方をYahoo知恵袋では多く見かけます。
それに加えて、カードを売り渡してしまうことによって、一度現金化を行ったらもうカードを利用することはできないのではないかという不安の声も多く寄せられています。
しかしご安心ください。

クレジットカードの現金化ではカードを売る必要は一切ありません。

現金化は利用者にとってはただの商品購入に過ぎない

カード決済
多くの業者では通常、特定の商品券やブランド品をクレジットカードで購入し、それを業者が直接買い取って現金化を行います。
つまり、顧客はあくまでクレジットカード加盟店で買い物をし、それを売るだけです。
翌月の支払日に請求金額を支払えばカードはこれまでと同じく問題なく使えますし、もし一括での支払いが難しい場合であれば、分割払いやリボ払いへ変更することも可能です。

また1枚のカードにつき現金化は1度だけといった制限ももちろんありません。
ショッピング枠に残高が残っていれば、必要な時に何度でも現金化を行うことができます。

現金化で逮捕された業者があると聞いたけれど 逮捕の理由は何?

クレジットカードの現金化では、過去に業者が逮捕されたことがあります。
ニュースで目にした方も多いことから、これらの業者がどのような理由で逮捕されたのか? 利用者も逮捕されてしまうことがあるのかを不安視している方が多いと見受けられます。

逮捕された業者は「貸金業者」と見なされていた

ボールペーンとクレジットカード
過去に業者が逮捕されたケースでは「商品売買を装った貸金業であること」が主な原因でした。
先にご紹介した通り、クレジットカードの現金化は金券や電化製品、ブランド品などの商品を購入し、それを業者が買い取ることで現金を得られる仕組みです。
多くの業者では仮に他の中古買取店や金券ショップで売却したとしても、十分に値打ちのあるものを買取商品として取り扱っています。
しかし逮捕された業者では、100~200円程度のおもちゃのアクセサリーを数万円で顧客に購入させ、それを買い取ることで現金を渡していました。
まったく値打ちのないものを高値で売買することから、警察では商品の売買はあくまで形式的なものであり、業者の実態は貸金業者と同じであると判断したのです。

「手数料」としてはOKでも、「利息」ではNG

パトカー

また、それと同時に現金化によって業者が手にする手数料も逮捕の一因となりました。
クレジットカードの現金化では、換金額の10~20%程を実質的な手数料として業者へ支払います。これが商品売買による手数料であれば、何ら問題はありません。しかし貸金業者の場合、「手数料」ではなく「利息」と見なされます。
貸金業者の利息は法律によって厳しい制限が課されています。例えば貸付額が50万円未満の場合、18.0%以上の利息を取ることはできません。
つまり、先の現金化業者は20~30%の利息を取っている違法な貸金業者と見なされ、出資法にも違反していると警察に判断されたのです。

これにより、貸金業法と出資法にそれぞれ違反していることから、過去に2つの業者が逮捕されました。

なお、過去2回逮捕されたのはいずれも不正な現金化を手がけた業者のみです。
利用者はそもそも商品を購入し、それを売却しただけですので法律に触れることは全くありません。

現金化とキャッシングの利用にはどんな違いがある?

クレジットカード画像

クレジットカードには元々キャッシング機能が備わっているカードがあります。
この機能を使えばカードローンと同じ感覚で現金を借り入れることができるため、業者を介して現金化をわざわざ利用する必要はあまり感じないかもしれません。
このキャッシング機能と現金化にはどのような違いがあるのでしょうか?

利用する枠に違いがある

2つの違いは主に、利用する枠にあります。
クレジットカードには「ショッピング枠」と「キャッシング枠」の2つの枠があり、キャッシングでは主に後者を利用します。
キャッシング用の枠は総量規制と呼ばれる規制がかかっており、年収の1/3までしか設定してもらうことができません。
また利用にあたっては給与明細や源泉徴収票などの収入証明書の提出が必要であったり、カード会社による審査も厳しいなど、いろいろと利用するにあたって様々なハードルがあります。
加えて、借入ができる金額もごく少額に制限される傾向があるのです。

ショッピング枠は規制が緩く、利用できる金額も大きい

色々な種類のクレジットカード

一方、現金化で利用するのはショッピング枠です。この枠にも割賦販売法による規制こそありますが、キャッシング枠ほど厳しい制限があるわけではありません。
利用実績さえあれば年収の1/3どころか、年収以上の枠を設けてもらうことも可能です。
そのため、ショッピング枠の現金化ではキャッシングの利用よりも多くの現金を入手することができます。
10~20%程の手数料を支払わなければならないのがネックですが、利用にあたっての厳しい審査も特にないため、新たなキャッシングの申し込みや審査に不安がある方でも安心して利用できるのが嬉しいポイントです。

Yahoo!知恵袋のは回答はステマ?その見分け方とは?

Yahoo知恵袋の回答の中には、ステマが混ざっているといいます。
ステマとはステルスマーケティング(Stealth Marketing)のことで、消費者に広告であることを隠し、一般利用者が書いたように見せかけて好評価の口コミを書くことで、消費者を欺きバンドワゴン効果やウィンザー効果を狙う宣伝方法のことです。

ウィンザー効果

直接訴えかけられるより、第三者からの口コミや情報の方が、信頼性が増していくという人の心理

バンドワゴン効果

人が持っているから自分も欲しい、流行に乗り遅れたくないと思う人の心理

現金化業者のホームページにある「当社は換金率業界トップレベル!安心安全に現金化ができます」という宣伝文句と、知恵袋や口コミサイトの「初めてでも安心して利用できました。換金率にも大変満足しています」という利用者を騙った口コミでは、どちらの信用度が高いと感じるでしょうか。

「業者の宣伝はいいことしか言わないから…」と、利用者の口コミの方を信じてしまうのではないでしょうか。

うっかりステマの回答に騙されないよう、知恵袋を利用する際にはステマなのか実際に利用した人の回答なのかを見分けることが大切です。

知恵袋の回答をステマか実際の口コミか見分ける方法

次のような回答は、ステマかもしれませんので注意しましょう。

現金化は安全であることばかり強調している回答

現金化は100%安全とはいえません。
クレジットカードの現金化を無計画に繰り返して、支払い不能になってしまう人が出ることを恐れて、クレジットカード会社は利用規約で現金化を禁止し、常に不正な利用がされていないか利用履歴をチェックしています。

毎月、キャッシング枠の限度額まで借り入れをした後に、ショッピング枠を使って高額の決済をして現金化を繰り返していては、現金化を疑われて即利用停止になってしまいます。

優良業者を使って現金化を行っても、100%安全とまでは行かず、それを堂々と100%安全で、まるでリスクがないかのような回答をするのはステマの可能性があります。

換金率の高さを宣伝し、100%近いと書いている回答

クレジットカード現金化業者はボランティアではありません。
商売として行っているので、必ず利益は取っています。

換金率100%や、100%に限りなく近い数字を挙げている回答は、ステマの可能性が高いです。

たとえば、申し込み金額が10万円で換金率99.5%の場合、入金額が9万9,500円で、業者の手数料はたった500円になりますが、これでは商売にならないでしょう。

「私が利用し×××なら、換金率が99.5%で大変お得でした!」という回答を信じて、うっかり申し込んでしまうと、換金率で計算した後で手数料や事務手続料などさまざまな名目で費用を引かれてしまい、結果的に換金率は80%まで下がったという例も見られます。

あまりに高い換金率を書いている回答は、ステマかもしれないと思っておきましょう。

おすすめの会社を1社だけ出している回答

「私ははじめての現金化で×××を利用しましたが、入金までの時間もスピーディーで換金率も高く満足しました。それ以来、ずっと×××を利用しています」

そんな回答の場合、本物の利用者による回答もあるのでしょうが、業者自身が書いたステマの可能性もあります。

もし、その回答を信じてその業者で申し込もうと考えた場合は、回答者のアカウントが実在の人物のものか、あるいは業者が回答のために作ったものか、確認してみましょう。

アカウントのプロフィールを見て、現金化以外の質問にも回答していたり、逆にわからないことを質問していたり、活発な利用履歴があるアカウントであれば、実在の人の可能性があります。

一方、回答が現金化に限っている場合や、他に利用履歴がない場合は、いわゆるステハン(捨てハンドルネーム)を使った業者のステマの可能性が高いです。

判断がつかない場合は、業者名で検索して悪い口コミも含めて、できるだけ多くの口コミを確認して本当に信頼していい業者なのか確認しましょう。

1社の宣伝のために作られた比較サイトへ誘導する回答

「おすすめの現金化業者はありませんか?」という質問に、悪徳業者に騙されないよう、現金化業者比較サイトを見て選ぶようにすすめる回答があります。

その中にはおすすめの比較サイトを親切に教えてくれる回答もありますが、そのサイトを開くと、ライバル業者を紹介しながら、それらの業者についての悪い点を強調して、最終的に「だから×××がいい!」と1社に誘導する悪質なサイトであったりします。

比較サイトにも優良サイトと悪質サイトがあるわけで、これを見極めるのは大変難しいです。
しかし、その比較サイトがたくさんの業者を客観的に評価しているか、1社だけ明らかに極端に良い評価が多く、悪い評価が少なくないか、そして最終的にその1社をすすめていないかという点から確認してみましょう。

Yahoo!知恵袋の質問もステマの可能性があるので注意!

Yahoo!知恵袋では回答だけでなく、質問もステマの場合がありますので要注意です。
たとえば、JCBカードは現金化が難しいクレジットカードとして知られています。

その理由は2つあります。
JCBカードは日本ではメジャーなクレジットカード会社ですが、海外での利用店舗数は限られています。

一方、現金化業者の多くは海外の決済代行会社を使っているため、JCBカードに対応できない場合が多いのです。

また、JCBカードはステータスカードとして知られるアメリカンエキスプレスやダイナースクラブと同様に、カードの利用チェックが厳しいことでも知られています。

現金化の発覚がしやすく、発覚すると利用停止になってしまいます。

少しでも多く現金化したいという人は、持っているのに使えないJCBカードでも現金化ができたらいいと考えているわけで、そのような時に次のような質問と回答を見たらどのように感じるでしょうか?

質問「JCBカードの現金化について」
私はJCBカードを使っているのですが、ショッピング枠の現金化は難しいと聞いています。
JCBカードを現金化してくれる業者ってありませんか?

回答
ショッピング枠が余っているカードがJCBカードしかなくて、私も困ったことがあります。
×××なら、JCBカードでもスムーズに現金化ができました!
URL貼っておきますね! https://××××××

こんな質問と回答があったら、JCBカードを使って現金化したいという人は飛びつてしまうのではないでしょうか。
この例のように、自社に誘導するために回答だけでなく質問も業者が書いている場合があることを理解して、知恵袋を利用しましょう。

安全に現金化を行うには 正しい知識を身に付けることが大切

知恵袋でよく目にする、クレジットカードの現金化に関する疑問についてご紹介いたしました。
現金化の仕組みや適法性については不安になる方も多く、知恵袋では特に多くの質問と回答が寄せられています。
いずれも少々難しい内容ではありますが、これらをあらかじめ知っておけば、悪徳業者を弾く頼もしいフィルターにもなってくれます。
たとえば現金化の仕組みをちゃんと知っていれば、必要以上に多くの個人情報を求めてくる業者や、全く値打ちのない商品を売買する業者を候補から外すことができます。
個人情報の不正入手を目的とした悪徳業者やみなし貸金業者を弾くことができれば、現金化を行う上での安全性は非常に高い物になることが期待できますからね。
また必要な金額により、カードに基からついているキャッシング機能と比べてどちらが最適かを比べることも可能です。

このように、正しい知識を身に付けていれば現金化をより安全に行うことができるようになります。
一手間かかってしまうことは否めませんが、安心して優良業者へ現金化を依頼するためにも、一度これらの基礎知識を身につけられることをおすすめ致します。

ここでは、【Yahoo!知恵袋でよく見るクレジットカード現金化に関する疑問にお答えします!】についての案内でした。

投稿者プロフィール

橋本隆志
橋本隆志
大学の時にギャンブルで借金を作って、大学の学費も使ってしまい中退することになりました。
ギャンブルにはまったきっかけは、大学の時に友達と購入した馬券が100万円になったことです。

大学中退後、金融関係の会社に勤めて5年で退職し、現在は個人で執筆業務とコンテンツ作成をメインにお仕事をしています。
大学中退後もギャンブルにはまって、クレジットカード現金化や消費者金融からお金を借りました。

毎月借金を返しても利息で借金が増えていくばかりでした。

とある日、いつものように競馬をやっていたら、148万倍の払い戻しがあり600万円手にして、ほぼすべての借金を返済することが出来ました。

そんな僕の経験したクレジットカード現金化のことや金融系のことについて執筆しています。