ラクマで現金化の方法!後払い決済機能Paidyが便利!

楽天が運営しているフリマアプリ「ラクマ」をご存じでしょうか。

フリマアプリといえば、業界最大手の「メルカリ」がよく知られていますが、この「ラクマ」も楽天グループのフリマアプリとして健闘していますので、利用しているという人は多いのではないでしょうか。

この「ラクマ」を使って、現金化をする方法があります。

「現金化って、いらなくなった物をフリーマーケットに出して売るってことでしょ?」と思われる方がいると思いますが、そうではありません。

後払い決済のPaidyを使って買い物をすることで、現金化が可能になります。ラクマの後払い決済Paidyを使って最短の日数で現金化する方法を紹介します。

ラクマとは?後払い決済Paidyとは?

ラクマとは?後払い決済Paidyとは?

「ラクマ」とは?

「ラクマ」は楽天株式会社が運営するフリマアプリサービスです。2014年11月にサービスを開始しました。

その後、楽天が日本初のフリマアプリ「フリル」を買収したことで、一時期、楽天グループ内には「ラクマ」と「フリル」という2つのフリマアプリが存在していましたが、2018年2月に両サービスが統合されて「新生ラクマ」が誕生しました。

「ラクマ」はオークション形式を採用せず、出品者が設定した金額で即購入できます。

購入者が支払った代金を一時的に楽天が預かり、品物の受け渡し確認ができて初めて出品者に支払われるというエスクローシステムを採用しています。

この方法により、品物の授受、金額の授受の安全が担保でき、出品者、購入者のどちらも安心して取引できる形になっています。

「ラクマ」のメリットとは?

フリマアプリの最大手といえば「メルカリ」ですが、この「ラクマ」は巨大IT企業の楽天グループならではのメリットがあります。

楽天スーパーポイントが利用できる

「ラクマ」は楽天グループですので、楽天スーパーポイントや楽天キャッシュでも購入可能です。

また、楽天カードや楽天ペイで購入すると、購入金額に応じて楽天スーパーポイントが貯まっていきます(※)。

※楽天スーパーポイントを貯めるには事前に楽天ID連携を済ませておく必要があります。

販売手数料が安い

2021年1月に改訂されたラクマの販売手数料は、商品が売れた時の商品価格の6%(税抜)となっており、メルカリの販売手数料10%と比べるとかなり割安になっています。

条件により売上金振込手数料が無料になる

「ラクマ」での売上金を現金化する場合、210円の振込手数料がかかります。しかし、振込金が1万円以上で、振込口座を楽天銀行に指定すると、振込手数料は無料になります。

楽天銀行なら売上金の即日入金が可能

振込口座を楽天銀行に指定すると、商品受け取りが確認されてから最短で当日中に代金が入金される上、売上金は毎日出金できます。

不正品対策を徹底して行っている

全国の複数拠点にあるカスタマーサポートセンターが、不正な出品や不正な行為がないか24時間365日体制でパトロールしています。

その上、警察など捜査機関への協力、公的機関やブランドメーカーなどとの連携強化にも努めています。

後払い決済機能Paidyとは?

Paidy(ペイディー)は、株式会社Paidyが運営するオンラインショップ向けの後払い決済サービスです。月に何回買い物しても、支払いは翌月1回にまとめられます。

「ラクマ」の他、Amazonなどの総合通販やファッション、フード、デジタルコンテンツなどのオンラインショッピングで使うことができます。

ポイント

Paidyの特徴は、メールアドレスと携帯電場番号、SMSが受信できる端末があれば、本人確認をする必要がなく(※)、会員登録不要ですぐに利用が開始できることです。

  • クレジットカードを所持している必要がないため、クレジットカードを持っていない人
  • 何らかの事情で作れない人
  • ショッピング枠、キャッシング枠のどちらも限度額まで使い切っていてクレジットカードが使えない人

上記のような人でも、Paidyならすぐに利用することができます。

クレジットカードを使わないとはいえ、携帯番号を知らせるのが不安という人はいるかもしれません。

Paidyでは、24時間365日体制で全決済を監視しているので、セキュリティー面の心配はありません。

※3回後払いなどができる機能がついた「Paidyプラス」の場合は、本人確認のため身分証明書の提出が必要です。

Paidyでの買い物の仕方

  1. 支払いでPaidyを選択

    オンラインショッピングで支払いの際、支払い方法にPaidyを選択して「注文を確定する」をタップします。

  2. メールアドレスと電話番号を入力する

    Paidyの入力画面に切り替わりますので、メールアドレスと携帯電話番号を入力して「次へ」をタップします。

  3. 決済認証番号を入力する

    SMSに4桁の決済認証番号が届きますので、決済認証番号を画面に入力すると注文完了です。

Paidyの請求と支払い

毎月1日に請求確定し、メールとSMS で請求書が送られてきます。※紙の請求書はありません。

コンビニ払いの場合は、アプリに表示されるバーコードをコンビニで提示すれば支払い手続きができます。また、口座振替の場合は、12日に自動で引き落とされます。

クレジットカードを持っていなくても銀行口座なしでも、携帯電話番号と端末があれば、後払い決済が利用できるのがPaidyの大きなメリットといえます。

ラクマで現金化する2つの方法

ラクマで現金化する2つの方法
ここでは、ラクマでPaidyを使って行う2つの現金化の方法を紹介します。なお、ラクマもPaidyも自社サービスを使った現金化を禁じています。

万が一発覚した場合には、利用停止や退会処分などのペナルティーが課せられますので、自己責任で計画的に利用するようにしてください。

ラクマの後払い決済Paidyを使って行う現金化1

ラクマの後払い決済Paidyを使う現金化の方法として最初に紹介するのが、ラクマで商品を購入して転売し現金化する方法です。

現金化の流れ

  1. ラクマで商品を購入する

    ラクマで商品を購入します。この際の支払い方法は、ラクマ後払い決済Paidyを選択します。

  2. 購入した商品を転売する

    購入した商品を転売して、現金化します。

    現金化の期限に余裕があり、ある程度日数がかかっていいのでしたら、ネットオークションでじっくり値段が上がるのを待てば換金率は高くなります。

    しかし、現金化をいつまでにしたいという期限があり急いでいる場合は、買取業者を使うことで即日現金化できます。

ポイント

購入するに当たり大切なのは、高く売れる商品を選ぶことです。たとえば、

  • Nintendo SwitchやPS4などの「ゲーム機器
  • シャネルやルイ・ヴィトンなどの「ブランド品
  • テレビなどで売れ筋と紹介されている「電化製品

などです。人気のない商品を選んでしまうと、購入額より安い金額でしか売却できなかったり、最悪の場合商品が売れなかったりして現金化できないことがあります。

ネットなどを見て、オークションで人気の商品や、買取業者が買取強化している商品は何かを事前に調べておくといいでしょう。

ラクマの後払い決済Paidyを使って行う現金化2

ラクマの後払い決済Paidyを使う現金化の2つ目の方法は、ラクマでギフト券を買って売却する方法です。

ただし、ラクマの利用規約で金券やギフト券の出品が禁止されているため、ラクマで「金券」「ギフト券」と検索しても、人気のギフト券「Amazonギフト券」の出品者は見つかりません。

しかし、裏道があります。ラクマにAmazonギフト券などの金券を出品している人は、Twitterに情報を出しており、ラクマで取引する前に出品者と直接連絡を取っておくことで、ラクマでAmazonギフト券の購入が可能となるのです。

注意

ラクマは不正な出品・不正な行為のパトロールを常時行っています。

ラクマを介してのメッセージのやり取りでは、「Amazonギフト券」という言葉は絶対に書かないようにしましょう。

現金化の流れ

  1. Twitterで「ラクマ Amazonギフト券」で検索して販売者を探す

    Twitterで「ラクマ Amazonギフト券」と検索すると、沢山の販売者を見つけることができますが、中には一切活動がないアカウントも多いので、慎重に選択しましょう。

    活動実績が詳細に書かれている、フォロワー数が多い、頻繁に更新しているなどを総合的に見て、販売業者を決めます。

  2. 販売者にダイレクトメッセージで購入希望を伝える

    Twitterのダイレクトメッセージで、販売者に購入希望であることと、購入金額を伝えます。

    販売者から、希望金額で設定したラクマの商品URLが送られてきます。

    ラクマのサイトには、販売商品がAmazonギフト券であることは一切書かれていません。

    くれぐれもラクマのメッセージで「Amazonギフト券」という言葉は出さないようにしましょう。

  3. ラクマで指定URLの商品を購入する

    支払いはラクマ後払い決済Paidyを選択し、商品を購入します。

  4. TwitterのダイレクトメッセージでAmazonギフト券を受け取る

    購入手続きが完了したことを、Twitterのダイレクトメッセージで出品者に連絡します。

    先方の入金確認が終わると、通常1時間以内に16桁のAmazonギフト券番号が送られてきます。

    なかなか送られて来ない場合は詐欺の可能性があります。詐欺ではなかったとしても急ぎの現金化ができません。

    このような出品者に当たってしまった場合は、取引をキャンセルすることも考えましょう。

  5. Amazonギフト券買い取り業者に売却する

    ネットで検索すると、Amazonギフト券買い取り業者が見つかりますので、換金率が高い、サービスが良い、信頼できる業者を選んで売却しましょう。

    Amazonギフト券の買取相場は80~85%と言われています。

ラクマで現金化する際に絶対NGな方法と注意点

ラクマで現金化する際に絶対NGな方法と注意点

ラクマで後払い決済Paidyを使った現金化をする際の注意点を紹介します。

ラクマで一度不正利用を疑われてしまうと、利用停止処分になる場合があります。以下の点に気を付けて行うようにしましょう。

ラクマで現金化する際の注意点

高額商品・内容が不明な商品ばかり落札する

高額商品ばかり、あるいは内容が不明な商品ばかり落札していると、現金化を疑われる可能性があります。

低額の日常で使う商品の買い物にも利用しているアカウントであると疑われにくいので、現金化だけのためにラクマのアカウントを作ることは避け、日頃から利用実績を作っておくようにしましょう。

ギフト券が届いた当時に受取確認・評価する

Amazonギフト券購入で現金化する場合は、Amazonギフト券のギフト券番号は購入手続きをした当日に送られて来るのが普通です。

しかし、受け取ったからといって、その日のうちに受取確認・評価をしてしまうのは不自然です。

不正利用を疑わないれないようにするためには、受取確認は翌日以降にするようにしましょう。

自作自演で利用停止?もう1つの現金化の方法

ラクマで現金化をして、利用停止になった例の中には、自作自演で不正利用を疑われた例があります。

友人のアカウントなどを使って、自分が必要としている金額に見合った商品を出品します。これを自分で購入して、支払い方法はラクマ後払いPaidyを選択します。

受取確認をして、友人の銀行口座に振り込まれた現金を友人に引き出してもらい受け取ります。

この方法を繰り返し行って、利用停止になったという例がありました。

おそらく、繰り返し同じ出品者から高額の実態不明の商品を購入していたなどの理由で、不正利用を疑われてしまったのだと思われます。

クレジットカードが使えなくても現金化ができるということで、ラクマの後払い決済Paidyを使った現金化は大変便利ですが、不正利用を疑われる可能性が高いので、自己責任で慎重に行ってください。