JAL・ANAマイルを現金化する方法!1マイルいくらの価値がある?

航空会社のマイレージ会員になると、搭乗距離に応じてマイルが付与されるポイントプログラムに参加できます。

出張が多いビジネスマン、帰省や旅行などでたびたび飛行機を利用する方なら、入会しておけば損はありません。

特に、JAL(日本航空)とANA(全日空)のマイレージ会員になるのは大変人気で、陸マイラーと言って、JALカードやANAカードなどマイル系クレジットカードを作り日常生活の買い物の支払いに使い、マイルを貯めている人がいることも知られています。

貯まったマイルは、特典航空券や座席のアップグレードに利用でき、航空券購入やツアー料金にも充当できます。

旅行以外にも、提携先のショッピングサイトでの買い物やポイントプログラムのポイント交換に利用することも可能です。

マイルの利用方法としては、特典航空券に交換するのが最もマイルの価値を損なわなくていいのですが、マイルには有効期限があり、有効期限内に旅行に行く時間が作れない、行きたい場所が見つからない、といった理由で有効期限が過ぎてしまい、マイルが無効になってしまったということが起きかねません。

ショッピングサイトにも欲しいものがない場合は、提携先のポイントに交換することになりますが、それならいっそ現金化できたらいいのにと思う方も多いのではないでしょうか。

現金の持ち合わせがなく、給料日前に急に現金が必要になった時、マイルを現金化することができれば借金しなくてすみます。

残念ながらJALマイルやANAマイルを直接現金化する方法はありませんが、一度ポイントや電子マネーに交換すれば現金化することは可能です。

ただし、現金化でマイルの価値は目減りしてしまうので、現金化によって1マイルの価値がいくらになるのか理解してから利用することをおすすめします。

今回は、以下のような内容について詳しく解説していきます。

この記事のポイント

  • JALとANAのマイルを賢く現金化する方法
  • 1マイルがいくらになるのか
  • 現金化のメリットとデメリット

JALマイルの現金化

JALマイルの現金化

JALのマイレージサービス「JALマイレージバンク(JMB)」で貯まったマイルを現金化する方法を紹介します。

JALマイルをポイントやクーポン、ギフト券に交換する

JALマイルは、JALグループおよびJALが加盟する航空連合「ワンワールド」など提携先の航空会社の特典航空券や座席のアップグレード、航空券購入の他、提携先ショッピングサイトでの買い物などにも使えます。

また、グループ会社および提携先のポイントプログラムのポイントやクーポン、ギフト券に交換することも可能です。

ここでは、交換可能なポイントプログラムやクーポン、ギフト券から人気のものを紹介します。

eJALポイント

e JALポイントは、JAL Webサイトで航空券・ツアー購入代金の一部または全額の支払いに利用できるポイントです。

  • 5000マイル=5000 e JALポイント(5000円相当)
  • 1万マイル=1万5000 e JALポイント(1万5000円相当)

の計算で、5000マイル単位で交換できます。

※2021年3月31日までは3000マイル=3000 e JALポイント (3000円相当)から、3000マイル単位で交換できるキャンペーンを実施中。

JALクーポン

1万マイルで1万2000円相当のJALクーポンと交換できます。このクーポンはJALグループ航空券、ツアー、ホテル宿泊などの支払いに利用できます。

JAL Global WALLET(JGW)ポイント

1万マイルで1万1000円相当のJGWポイントがチャージできます。このJGWポイントは1JGWポイント=1円として、海外のMastercard加盟店での支払いや、海外ATMで現地通貨として引き出すことができます。

Amazonギフト券

1万マイルを1万円相当のAmazonギフト券に交換できます。

※交換できるのは1回につき1万マイルのみとなりますが、交換の回数に上限はありません。
※Amazonギフト券は電子ギフト券タイプで、申し込みから4~5日後にAmazonギフト券番号がメールで通知されます。

dポイント

1万マイル=1万dポイント(1万円相当)に交換できます。

dポイントクラブ会員(JMB日本地区会員)限定特典です。
※交換上限は、同一年度内(4月~翌年3月)で合計2回、2万マイルまでとなります。
※事前にJMBお得意様番号とdアカウントの紐づけが必要です。

電子マネー「SUICA」

1万マイル=1万円分のSuicaとしてチャージできます。

JALカードSuica会員限定の特典です。
※チャージ上限は、同一年度内(4月~翌年3月)で合計2回、2万マイルまでとなります。

Pontaポイント

3000マイル〜9000マイルの場合、1000マイル単位で1マイル=0.5Pontaポイント(0.5円相当)として計算されます。

1万マイル=1万Pontaポイント(1万円相当)となります。

※申し込みマイルで交換率が変わります。
※有効期限は、ポイント加算日から1年間です。

電子マネー「WAON」

通常は1万マイル=1万WAON (1万円相当)の計算でチャージできます。なお、2021年3月31日までは以下の条件で、交換上限なしに交換可能です。

  • 3000マイル=1500WAON (1500円相当)
  • 1万マイル=1万1000WAON (1万1000円相当)
  • 2万マイル=2万2000WAON (2万2000円相当)
  • 4万マイル=5万WAON (5万円相当)
※交換上限は同一年度(4月~翌年3月)に2万マイルまでです。
※カードに保有できるWAONの上限額は5万円です。
※1万マイル~2万マイルは1000マイル単位で交換可能です。

JALマイルを現金化する方法

貯まったマイルの現金化は、交換したポイントを現金代わりに使うという方法で達成できます。

一方、ポイント利用ではなく、現金として手元に欲しいという場合に知られているのが、マイルをギフト券に交換して、そのギフト券を現金化業者で換金する方法です。

JALマイルは、Amazonギフト券に交換できますので、これを現金化業者に依頼すれば現金化できます。

また、ポイントなど現金化業者で現金化ができない場合でも、ポイントで商品を購入して、その商品をオークションなどで売却したり、返品したりして現金化する方法があります。

売却するなら換金率が高い商品を選ぶ必要がありますし、返品する場合は、商品の返品が可能か、ポイントではなく現金で返金されるかなどを確認しておく必要があります。

JALマイルの価値

1マイルの価値
eJALポイント 1~1.5円
JALクーポン 1.2円
JAL Global WALLET 1.1円
Amazonギフト券 1円
dポイント 1円
SUICA 1円
Pontaポイント 0.5~1円
WAON 1円
(0.5~1.25円
※2021.3.31まで

ANAマイルの現金化

ANAマイルの現金化

ANAのマイレージサービス「ANAマイレージクラブ」で貯まったマイルを現金化する方法を紹介します。

ANAマイルをポイントやクーポン、ギフト券に交換する

ANAマイルは、ANAグループおよびANAが加盟する航空連合「スターアライアンス」など提携先の航空会社の特典航空券や座席のアップグレード、航空券の購入の他、提携先ショッピングサイトでの買い物などにも使えます。

また、グループ会社および提携先のポイントプログラムのポイントやクーポン、ギフト券に交換することも可能です。

ここでは、交換可能なポイントプログラムやクーポン、ギフト券から人気のものを紹介します。

ANA SKY コイン

1マイルから交換でき、貯まっているマイルが少なくても無駄なく使え、ANA航空券やANA SKY WEB TOURの支払いに使えます。

1万マイル以上の交換については1万マイル単位での交換となり、交換率は会員ステイタスやANAカードの種類に応じて変わります。

1~9999マイル 1マイル=1円
1万マイル以上 1マイル=1.2~1.3円
2万マイル以上 1マイル=1.2~1.4円
3万マイル以上 1マイル=1.2~1.5円
4万マイル以上 1マイル=1.2~1.6円
5~20万マイル 1マイル=1.2~1.7円
※一度の交換上限は20万マイルです。 

iTunesギフトコード

iTunes Storeで音楽、映画、アプリケーションの購入に使える電子ギフトコードです。1万マイル=1万円分として交換できます。

※都合により、交換受付を停止している場合があります。中止や再開のお知らせはANAマイレージサービスのページに掲載されますので確認してください。

電子マネー「楽天Edy」

1万マイル=1万円分の電子マネー「楽天Edy」としてチャージできます。

※ANAマイレージクラブ Edyカード、Edy機能付ANAカード、「ケータイ de Edyマイル」登録済みおサイフケータイを持っている方に限ります。
※同一年度内(4月~翌年3月)の提携ポイント交換マイル数累計が3万マイルを超えた場合、以降は1万マイル=5000円のチャージになります。

T-POINT

1万マイル=1万Tポイント(1万円相当)に交換できます。

※T会員の方に限ります。

nanaco

1万マイル=1万nanacoポイント(1万円相当)に交換できます。

※nanacoカード会員もしくはnanacoモバイル会員に限ります。

To Me CARD

1万マイル=1万円で東京メトロが発行するTo Me CARDのポイントに交換できます。

To Me CARDポイントの1ポイントは5メトロポイントに相当し、メトロポイントは、1ポイント=1円でPASMOへのチャージ、ANAマイル、楽天スーパーポイント、nanacoポイントに移行できます。

※ANA To Me CARD PASMO JCB series(ソラチカカード)をお持ちの方に限ります。
※年間のポイント交換マイル数に制限はありません。

ANAマイルを現金化する方法

貯まったマイルを現金化する方法として一番簡単なのは、交換したポイントを現金代わりに使うという方法です。

しかし、ポイントではなく現金として手元に欲しいという場合、良く知られているのが、マイルをギフト券に交換して、そのギフト券を現金化業者で換金する方法です。

ANAマイルの場合は、iTunesギフトコードに交換できますので、これを現金化業者に依頼すれば現金化できます。

また、ポイントなど現金化業者で現金化ができない場合は、ポイントを使って商品を購入して、その商品をオークションで売却したり、返品したりして現金化します。

売却する場合は換金率が高い商品を選ぶ目利き力が必要です。また、返品する場合は、商品の返品が可能か、返金はポイントではなく現金で受け取れるかなどを確認しておく必要があります。

ANAマイルの価値

1マイルの価値
ANA SKY コイン 1~1.7円
iTunesギフトコード 1円
電子マネー「楽天Edy」 1円
T-POINT 0.5~1円
nanaco 1円
To Me CARD 1円

JRキューポを使ってJAL・ANAマイルを現金化する方法

JRキューポを使ってJAL・ANAマイルを現金化する方法

JR九州が発行するクレジットカードANA用「JQ SUGOCA ANA」、JAL用「JMB JQ SUGOCA JAL」を作り、マイルをJRキューポというポイントに交換することでも現金化が可能です。

なお、どちらのカードも、初年度の年会費は無料、次年度以降は1250円ですが、1年に1度でもカードを利用すれば翌年の会費は無料となります。

現金化の手順を説明します。

  1. ①マイルをJRキューポポイントに交換

  2. ②JRキューポポイントをGポイントに交換

  3. ③JRキューポポイントをGポイントに交換

マイルをJRキューポポイントに交換

クレジットカード「JQ SUGOCA ANA」または「JMB JQ SUGOCA JAL」を作りマイルを貯めたら、保持しているマイルをJRキューポのポイントに交換します。

マイルをJRキューポに交換する際は、1万マイル=1万ポイント(1万円相当)となります。

ここに注意

※ANAは同一年度内に3万マイルを超えて交換する場合、3万マイル以降は1万マイル=5000ポイントとなりますので、損をしないためには、交換マイルは年3万マイルまでに止めておくといいでしょう。
※JALは3000マイルから9000マイルまでは1マイル=0.5ポイントの計算となり、1万マイル以降は1マイル=1ポイントとなります。損をしないためには、交換マイルを1万マイル以上にしましょう。

JRキューポポイントをGポイントに交換

JRキューポのポイントをGポイントに交換します。Gポイントとはインターネット上で行えるポイント交換サービスです。

JRキューポ1ポイントをGポイント1ポイント(1円相当)に交換できます。

Gポイントを換金します。

Gポイントは現金化して指定の銀行口座に振り込むことができます。なお、Gポイントを現金にして銀行に振り込む場合、交換手数料がかかるため、換金率は90~95%になります。

振込可能な銀行は以下のとおりです。

  • 楽天銀行
  • ゆうちょ銀行
  • ジャパンネット銀行
  • 三井住友銀行
  • みずほ銀行
  • ソニー銀行
  • イオン銀行
  • auじぶん銀行
  • スルガ銀行
  • りそな銀行
  • セブン銀行
※最低交換単位は500Gポイントです。
※交換手数料として5~10%差し引かれます。
※交換完了までに7日前後かかります。

JAL・ANAマイルを現金化するメリット

JAL・ANAマイルを現金化するメリット

有効期限が切れそうなマイル、利用の予定がないマイルの使い道として現金化が利用できます。

ポイントやクーポン、ギフト券に交換することで、新たにそのポイント、クーポン、ギフト券が定める有効期限が適用されるため、結果として有効期限が延長されます。

JAL・ANAマイルを現金化するデメリット

JAL・ANAマイルを現金化するデメリット

ポイントやクーポン、ギフト券に交換する場合、1マイルの価値は0.5円~1.7円になります。

マイルを現金化するためには、まずマイルをポイントやギフト券に交換して、さらにそれを現金化するという手間がかかる上、手数料もかかるため換金率は100%未満になります。

たとえば、JALマイルをAmazonギフト券に交換して換金する場合は、Amazonギフト券の換金率が85%前後ですので、1マイルの価値は0.85円に下がります。

JALマイル、ANAマイルをJRキューポに交換して、換金する場合も、手数料が5~10%かかりますので、1マイルの価値は0.9~0.95円になります。

一方、特典航空券で利用する場合は、利用時期などにもよりますが、国内線で1マイル2円以上、国際線では1マイル5円以上の価値があると言われており、ビジネスクラス利用、ファーストクラス利用の場合はさらに価値が上がります。

マイルを利用するなら特典航空券にするのが一番お得なので、提携先のポイントやギフト券などに交換し、さらにそれを現金化するのは、最終手段と考えた方が良さそうです。

投稿者プロフィール

橋本隆志
橋本隆志
大学の時にギャンブルで借金を作って、大学の学費も使ってしまい中退することになりました。
ギャンブルにはまったきっかけは、大学の時に友達と購入した馬券が100万円になったことです。

大学中退後、金融関係の会社に勤めて5年で退職し、現在は個人で執筆業務とコンテンツ作成をメインにお仕事をしています。
大学中退後もギャンブルにはまって、クレジットカード現金化や消費者金融からお金を借りました。

毎月借金を返しても利息で借金が増えていくばかりでした。

とある日、いつものように競馬をやっていたら、148万倍の払い戻しがあり600万円手にして、ほぼすべての借金を返済することが出来ました。

そんな僕の経験したクレジットカード現金化のことや金融系のことについて執筆しています。