ラストチェンジ

お申し込みはこちらから

お申し込みはこちらから

店舗名 ラストチェンジ
営業時間 9:00~20:00
住所 東京都千代田区佐久間町3-21-5
ホームページ http://lastchange.kikuchibussan.com/
換金する額
換金率
受け取り金額
利用金額 換金率
1万円~ 91%
10万円~ 92%
30万円~ 93%
50万円~ 94%
100万円~ 99.7%
プランと時間 最短3分(初回10分)
カードの種類 VISA,MasterCard JCB,
AmericanExpress,Diners Club
キャンペーン 【乗り換え希望者向け“超”換金率キャンペーン】
他社見積もりより換金率を1%高くするキャンペーンを実施中。
備考 年中無休
公式サイトはこちら

ラストチェンジの口コミ

総合満足度: 3.2/5点 口コミ: 6

のイメージ
評価: 少ない額でも90%を超える換金率だったので利用しました。申込金額と利用回数を入力すると、いくら手に入るかがわかるシミュレーターがあり、いろいろ試してみたところ、初回だけでなく2回目以降も同じ換金率のようなので、次回も利用したいと思います。 (石川県 30代)
のイメージ
評価: いくつかクレジットカード現金化業者を調べていて、ラストチェンジは換金率の表がないので最初は不安に思いました。けれども、ホームページには代わりに簡単現金化シミュレーターがあって、利用額と利用が初めてか、2回目以降かを入力すれば入金される金額が表示されるので、こちらの方がわかりやすくて安心して利用できました。 (東京都 20代)
のイメージ
評価: 乗り換えキャンペーンというのをやっていて、他のクレカ現金化業者で取った見積もりを出すと、1%プラスで現金化してもらえるので半信半疑で利用してみました。実際、1%アップで現金化ができ、乗り換えてよかったです。 (大阪府 30代)
のイメージ
評価: 今月は親戚の不幸やお祝い事が重なり、はじめて利用しました。換金率には満足していますが、初回の手続きが10分とホームページには書いてあったのに、30分近くかかってしまったのが残念でした。でも、お金は当日中に振り込まれていました。次回からは本人確認がなくなるらしいので、最短3分で手続きできるそうなので、また困った時はお願いします。 (福岡県 30代)
のイメージ
評価: 365日24時間対応という現金化業者もある中、ここは365日対応だけれど営業時間が9:00~20:00というのがマイナス点です。ただ、換金率は他社と比べてもいいと思うので、また困った時は利用したいです。 (東京都 40代)
のイメージ
評価: クレジットカード現金化というと違法な行為ではないかと最初は不安でしたが、電話で問い合わせて詳しい内容を教えてもらい安心して利用できました。ラストチェンジはホームページに換金率表を出していないので、提示された金額にこんなものなのかと漠然と思って申し込みました。2回目に他社の換金率表を見て比べてみたところ、ラストチェンジの方が高いことがわかったのでリピートしています。 (神奈川県 30代)

口コミを書き込む

都道府県 (必須)
年齢 (必須)
評価 (必須)

性別を選んで下さい

    公式サイトはこちら

    ラストチェンジのネット上の評判をまとめました

    急に現金が必要になったのに、手元に現金がなく、銀行口座の残高もないという時、クレジットカードの現金化は便利です。

    このクレジットカード現金化、専門業者をネットで調べてみると、さまざまな会社があることがわかります。

    クレジットカード現金化はクレジットカードのキャッシング枠ではなくショッピング枠を使う方法のため、キャッシング枠を限度額まで借りていてこれ以上借りられない人、キャッシングのためにクレジットカードを新しく作ろうとしても審査が通らない人にとっては、キャッシング枠を使って現金が手に入るのは大きな魅力です。

    また、キャッシング枠を使うのはクレジットヒストリー(信用履歴)に傷がつくので避けたいという人もいて、そういう人にとってもキャッシング枠を使った現金化は魅力的です。

    この方法が注目されるにつれて多くの業者が新規参入してきており、その中から高い換金率で、カード事故などなく安全に、そして迅速な手続きで利用できる業者を見つけることが現金化成功の鍵です。

    業者選びで大切なのは、業者が悪徳業者ではなく信用できるかということです。
    そのためには次のことを確認する必要があります。

    1. 現金化業者の会社概要の確認
    2. 換金率や必要な手続きの確認
    3. 現金化業者の口コミや評判の確認

    換金率に目がいってしまって見過ごしがちなのが、業者の評判の確認です。
    実際に利用した人の口コミを見ることで、その業者の良し悪しが判断できるのです。

    業者が開設している公式のホームページは、集客のためのものなので、良い内容の口コミしか書かれていません。場合によっては、業者自身が自作自演で書いている場合もあるので、その評価を見ただけでは安心できません。

    外部の「現金化業者比較サイト」や「現金化業者比較掲示板」などでその業者の口コミを探して、実際に利用した人のコメントを見てみましょう。

    ここで特に注目しておきたいのが、「悪い口コミ」です。
    外部のサイトであっても、良い口コミは業者がサクラを使って書かせたものが混ざっている可能性があります。

    しかし、悪い口コミを業者が捏造して書かせることはありません。
    そのため、悪い口コミは実際に利用した人が感じた率直な評価と考えられます。

    「換金率が広告より低くて損した気分だ」
    「利用した後、クレジットカードの個人情報が漏れた気がする」

    そんな口コミのある業者は、避けた方が身のためです。
    また、中には良い口コミも悪い口コミもネットに一切出ていない業者もいますが、これは新規参入してきた業者の可能性があり、経験値が少ない業者なので利用は止めておいたほうがいいでしょう。

    新規参入した業者の中には、トラブルが起きて屋号だけを変えて営業再開したばかりの悪質な業者が混ざっている可能性もありますので注意しましょう。

    ラストチェンジの口コミ評判について調べてみると、公式ホームページに利用者の「お客様の声」が掲載されています。

    ここでは、「換金率が良い」「丁寧な説明で安心できた」「他社と比べて対応が良かった」ということが書かれていました。

    この中で、「メリットデメリットまで詳しく教えてもらえて安心して利用できた」という点は注目すべきところです。

    実際、クレジットカード現金化は、キャッシング枠のように信用履歴に傷がつかず、審査もない便利な方法ですが、クレジットカード会社は現金化自体を禁止しているため、万が一発覚した場合に利用停止などの厳しいペナルティが課せられます。

    そのデメリットについてもきちんと説明しているとしたら、そこは評価できるでしょう。

    次に、外部サイトの口コミを見てみましょう。

    「換金率が最低でも90%台で他社より良かった」
    「手続きがスピーディで助かった」
    「乗り換えキャンペーンを利用して他社より換金率が良くなった」

    良い口コミには、このようなものが多く見られました。
    ラストチェンジの【乗り換えキャンペーン】は、他社の見積もりを提示してラストチェンジに乗り換えると、他社の換金率に1%プラスしてくれるという特典です。

    何社か見積もりを取っている場合は、利用しない手はありません。

    外部サイトでは、悪い口コミも見つかりました。

    「換金率表が出ていないので、他社との比較がスムーズにできなかった」

    ラストチェンジの公式ホームページと、他の現金化業者のホームページとを比較してみるとわかるのですが、普通は換金率表が掲載されているので、自分の利用金額の換金率がすぐにわかるようになっていますが、ラストチェンジはその表がありません。

    これは不親切のように思えますが、その代わりに「5秒で結果がわかる!簡単現金化シミュレーター」があり、利用希望額と利用回数(初回か2回目以降か)を入力すると、入金額が表示されます。

    これを使って換金率を調べた表を上に提示していますが、ご覧になってわかるように他社に引けを取らない高い換金率となっています。

    換金率表を掲載している現金化業者の中には、換金率で計算した後で手数料を引く業者がおり、実際の入金額は自分で試算したよりも低かったという悪質な例があります。

    このシミュレーターで計算した入金額がそのまま口座に振り込まれるとしたら、ラストチェンジの方が良心的といえます。

    「営業時間が9:00~20:00なので急な現金化の時に困った」

    悪い口コミの中には、ラストチェンジの営業時間を指摘する声もありました。
    現金化業者の中には24時間365日、いつでも現金化が可能としているところもある中、ラストチェンジは365日無休ですが、営業時間が9:00~20:00となっています。

    公式ホームページを見ても、「営業時間は9:00~20:00となっております。営業時間外のお申込みについては、翌営業日9時より順番にご連絡をさせていただきます」と書かれており、ネットのメールフォームから24時間いつでも申し込みはできるのですが、手続きは翌日の9時以降となってしまうことがわかります。

    クレジットカードの現金化は、今、どうしても現金が必要という時に便利なものです。
    今すぐ現金が必要と切羽詰まって申し込んでいる方には、ラストチェンジは不向きな業者といえます。

    ただし、「週末の結婚式のご祝儀に現金が必要」など時間に少し余裕がある場合は、換金率が高いので利用して損はありません。

    ラストチェンジの悪い口コミは、このような内容がほとんどでした。
    「悪質だ」「騙された」といった悪徳業者を断罪するような口コミは見当たりませんでした。

    また、口コミ数もある程度の数見つかるので、特にトラブルなく利用している人が多い業者と考えられます。

    現金化ランキング
    現金化ランキング

    ラストチェンジの特徴

    クレジットカード現金化を安全に行いたいのなら、現金化業者の選択が大切です。

    業者が信頼できるかどうかは、利用経験者の口コミでの評判、換金率や必要な手続きの確認、会社概要の確認の3つを調べてみることが大切とご紹介しましたが、ここではラストチェンジの換金率や手続き、会社概要についてその特徴を紹介します。

    まず、ラストチェンジの公式ホームページからわかる換金率や手続きについて紹介します。

    ラストチェンジ3つの特徴

    ラストチェンジは自社サービスの特徴として、

    • 最短3分(2回目以降の手続き)、平均振込4分以内というスピーディーさ
    • 最大99%という赤字覚悟の換金率
    • カード事故0の安全性

    を挙げています。

    換金率については、ラストチェンジは永久保証をしており、新規顧客獲得のため初回だけ高い換金率にする業者が多い中で、2回目以降も同じ換金率を約束しています。

    また担当者も永久指名制で、同じ担当者にずっと対応してもらえるとしています。
    これらのことから、2回目以降の利用者、リピーターを大切にしている業者であると考えられます。

    換金率

    ラストチェンジのホームページには、口コミにもあるように他の現金化業者が掲載している換金率表がありません。

    これは不便に思えますが、その代わりに「5秒で結果がわかる!簡単現金化シミュレーター」があるので、自分の利用金額ではいくら入金されるかがわかります。

    他の業者の中には、換金率表をもとに計算した後で手数料を引かれて、入金額はさらに少なくなったという事例もあります。

    それと比べれば、実際に入金される金額がすぐにわかるという点で評価できます。
    なお、シミュレーターを使った結果は、念のためスクリーンショットなどで記録しておきましょう。

    後で入金額が違ったなどのトラブルが起きた場合に、交渉材料として使えます。
    ホームページにはリアルタイム速報として、当日申し込んで現金化した人の利用実績(申込者の都道府県、性別、年齢、利用時間、現金化した金額)が掲載されているので、この数字も参考にできます。

    また、ラストチェンジは、他の業者から乗り換えを検討している利用者が他の業者の見積もりを提出すれば、その換金率にさらに1%上乗せしてくれる【乗り換え希望者向け“超”換金率キャンペーン】も行っています。

    他社の見積もりを取っている人は、このキャンペーンを利用するとお得です。

    手続きの流れ

    ラストチェンジの申し込み方法は簡単で、公式ホームページの申し込みメールフォームに氏名、利用回数、携帯電話番号、住所、メールアドレス、利用希望金額を入力し、「クレジットカード現金化が融資や貸金でないことを理解しているか」と言う質問と、連絡希望時間帯にチェックを入れて送信すれば完了します。

    この手続きは24時間365日受け付けているのですが、営業時間が9:00~20:00のため、それ以外の時間帯に申し込むと手続きは翌営業日の9:00以降になってしまいます。

    深夜に急に現金が必要になったという場合は、ラストチェンジはおすすめできません。

    ラストチェンジのホームぺージで気になったのは、利用の流れについての詳しい説明がないことです。

    はじめてクレジットカードを現金化するという人は、申し込みをした後、どのようなタイミングで電話があり、どのタイミングで現金が振り込まれるのか、詳しく知りたいところでしょう。

    そこの説明がないのは残念に思います。
    一方で、「よくある質問」コーナーがあり、「本日中の対応が可能か」「利用条件があるか」など、はじめて利用する人が気になる質問をあげて説明していますので、それを読むことで理解が深まるでしょう。

    また、口コミにもありますが、電話でわからない点を問い合わせると親切に対応してくれたということですので、申し込む前に不安なことは問い合わせてみることをおすすめします。

    質問コーナーで気になったところとしては、「Q.家族や職場など誰にも知られず利用したいのですが、可能ですか?」と言う質問に対して、「A.自宅へ商品が届く事は無く、在籍確認もないのでご安心下さい。利用明細に商品購入のショップ名が記載されるのでお買い物と同じ感覚で利用できます!」と回答している点です。

    クレジットカード現金化業者は貸金や融資ではありません。
    利用者が現金化業者から買い物をし、その特典としてキャッシュバックを受ける形になります。
    そのため、必ず商品の受け渡しをしなければなりません。

    質問への回答で「商品が自宅に届くことはない」とありますが、扱う商品が情報商材でメールで受け渡しをするという意味であればいいのですが、全く商品の受け渡しをしないと貸金や融資とみなされてしまいます。
    心配な方は、申し込み前に商品について確認しておきましょう。

    会社概要

    会社概要を見る際は、屋号(店名)、代表者名、会社名、所在地、電話番号、創業年などが記載されているか確認しましょう。

    屋号と会社名が同じ場合もありますが、屋号とは別の名前の運営会社が運営している場合もあるので、知っておくと安心です。

    代表者名や運営責任者名も、何か問題が起きたときに問い合わせるのに把握しておくと安心です。

    ラストチェンジの会社概要には、屋号のラストチェンジのみで運営会社名は掲載されていませんでしたが、代表者については名前が記載されていました。

    クレジットカード現金化はオンラインで申し込み、オンラインと電話で手続きが進み、そして現金は銀行口座に振り込まれます。

    直接、店舗に行く必要がなく、3~10分で完了するので、すぐに現金が必要な時に便利です。

    業者側も、店舗を借りてスタッフを雇って実店舗で営業するよりも、すべてオンラインで営業する方が、運営費が安くてすみます。

    ただし、利用者が気を付けておきたいのは、取引業者が悪徳業者でトラブルになった場合にホームページを閉鎖して雲隠れされてしまったら、損害を被り、場合によっては個人情報などを盗まれる危険があるということです。

    万が一のために、事前にやっておきたいのが、会社概要に住所や電話番号が記載されているか確認しておくことです。
    ホームページが閉鎖されても、電話で問い合わせたり、住所を訪ねることができるからです。

    ラストチェンジの会社概要には、住所とフリーダイヤルの電話番号が掲載されていました。
    住所を地図アプリで見てみると、雑居ビルが該当しますが、その何階に会社があるのかなどが確認できなかったのが気になる所です。

    もうひとつ会社概要で大切なのは、創業年の確認です。

    創業年が新しい場合は、主に新規参入した業者ということになりますが、中にはトラブルを起こした悪徳業者が屋号を変えて新規業者と偽って営業している場合もあるのです。

    クレジットカード現金化と言う方法自体が新しいため、創業から5年以上の実績があればある程度信頼できると考えられます。

    ラストチェンジの会社概要には創業年の掲載がないため、実績がある会社なのか確認ができませんでした。

    まとめ

    ラストチェンジは会社概要に創業年がない、運営会社や会社の所在地などの表記が不完全な点が気になりましたが、口コミでは営業時間が短いなどの不満はあっても、悪徳業者だと指摘するような口コミは見つかりませんでした。

    換金率が1%上乗せになる乗り換えキャンペーンを利用して乗り換え、とても満足したという口コミもありますので、今の業者に不満を感じている方は一度相談してみるといいでしょう。

    クレジットカード現金化を成功させるために大切なのは、優良業者を選ぶことです。

    今回ご紹介した点を踏まえてラストチェンジのホームページを確認し、気になる点は問い合わせ、シミュレーターを使って入金額を確認してから申し込むようにしましょう。

    関連ページ:プレミアム

    関連ページ:ユーウォレット

    関連ページ:タイムリー