皆はいくら現金化している?クレジットカード現金化利用者の平均利用金額

クレジットカード現金化は、利用金額が高くなるほど換金率が上がります。

しかし、高額の現金化をしてしまうと、カード引き落としの際に用意しなければならない金額が大きくなり大変です。

実際にクレジットカード現金化をしている人は、どのくらいの金額を申し込んでいるのでしょうか。

口コミなどからわかる利用金額と、利用の注意点、賢い利用のしかたを紹介します。

口コミから見える使いみち

口コミから見える使いみち
残念ながらクレジットカード現金化の利用金額を統計化したものはありません。

しかし、現金化業者を利用した人の口コミなどから、いくつかの利用パターンが見えてきます。そこから利用金額を推察することができます。

毎月の生活費の足しにする

夫の残業が減って給与が下がった分、毎月の生活費が足りなくなった。妻も働きに出ようとパートを探しているがなかなか見つからない。とりあえずパートを始めるまで、足りない分を現金化して生活費の不足分に充てている。

事情があり実家を出てひとり暮らしをすることになったが、実家にいたときより出費が増えた。足りない分を現金化でしのいでいる。

このように毎月の生活費が少しだけ足りず、その不足分を月末に現金化してしのいでいるという人の口コミが多く見つかりました。

この場合の現金化の金額を推測すると、1~5万円だと思われます。

もし、毎月1~5万円を超える金額を現金化して生活費に充てているという人がいたら、支出の内容を見直すか、収入を増やす努力を早急に行うべきです。

また、1~5万円の利用で低額だからと安易に現金化を続けていると、臨時の出費があった月に支払いが滞ってしまう可能性があります。

少額の利用であっても現金化を止めることができない人は、月々の収支を見直してみることをおすすめします。

臨時出費のためにその月だけ利用する

友人の結婚式と田舎の親戚の不幸が立て続けにあり、お祝いとお香典、帰省費用などといった臨時の出費が続いたため、その月だけ現金化を利用した。

彼女の誕生日のプレゼントや食事代に、今月だけと思ってはじめて現金化を申し込んだ。

久しぶりに長い休みが取れたため旅行に行ったが、月末生活が苦しくなり、給料日までのつなぎに現金化を利用した。

趣味で集めているグッズの掘り出し物を見つけた時、ボーナスまで待っていたらほかの客に買われてしまいそうだと思い、現金化を利用して購入費用を用意した。

冠婚葬祭などでお金が必要になり、その時だけのつもりで現金化を利用したという人の口コミも多く見られました。

利用金額は5万円~10万円、場合によってはそれ以上の金額になるようです。

生活費の足しにするのと違い、金額は嵩みますが、一時的なものなので、次の支払いにきちんと現金を用意できれば問題ありません。

ただし、「クレジットカード現金化はこんなに手軽にできるのか!」と味を占めて、毎月繰り返して散財してしまうのは危険です。

その他

近々、マンション購入を予定しているため、キャッシングして信用情報に傷をつけたくなくて現金化を利用した。

キャッシング枠を使い切ってしまい、その支払いのために現金化を利用した。

事業資金が足りずに資金繰りのために現金化を利用した。

そのほか、クレジットカード現金化をするのには、いろいろな理由があり、利用する金額も事情によってさまざまです。

住宅ローンを借りる予定がある

自宅購入で住宅ローンを申し込むと、金融機関が審査の際に信用情報を信用情報機関に照会します。

その際、キャッシングやクレジットカードの支払いに延滞履歴があると、審査に通らない可能性があります。

また、住宅ローンは年収における返済負担率が考慮され、住宅ローン以外に自動車ローンやキャッシングなどの借り入れがあると、それだけ住宅ローンの枠が減ってしまいます。

こうした理由から、住宅ローンの申請を控えているとキャッシング枠を安易に使うのを躊躇して、ショッピング枠を使ったクレジットカード現金化で得たお金を臨時出費に充てる人がいます。

キャッシングがこれ以上できない

クレジットカードのキャッシング枠の上限まで借りてしまっていて、これ以上キャッシングできないという時に、クレジットカード現金化を利用する人もいます。

新しくクレジットカードを作って、新たなカードのキャッシング枠が使えたらいいのでしょうが、こういう状況の人は審査が通らず新しいクレジットカードが作れないことがあります。

クレジットカードの利用枠には上限があり、そのうちキャッシングに使える金額はいくらと決められています。

キャッシング枠がこれ以上使えない中で、どうしても現金が必要になったら、クレジットカードのショッピング枠の残りを使って現金化することができます。

しかし、このようにぎりぎりの状態で現金化に手を出す人は、かなり注意して利用する必要があります。

ここに注意!

クレジットカード現金化は法的にはグレーゾーンで、利用者が法に問われることはありませんが、クレジットカード会社は利用規約で現金化を禁止しています。
 
換金率の高い商品を購入して換金するということを繰り返し行っていると、クレジットカード会社に現金化を疑われて取引を停止されてしまいます。
 
それと同時に退会処分になり、キャッシング枠、ショッピング枠で利用した金額を一括で請求される上、新しいクレジットカードは当面作れなくなります。

現金化は自分で行う方が安心のような気がしますが、良心的なクレジットカード現金化業者はクレジットカード会社に発覚しないように手続きをすすめてくれますので、悪徳業者を避けることさえできれば、業者に依頼した方が安全です。

事業の資金繰りのために利用する

企業経営者の場合、資金繰りがうまくいかず、一時的にクレジットカード現金化を利用してその場をしのぐということがあります。

現金化業者の中には、法人向けに高い現金化率で現金化を行っている会社があります。

ただし、個人利用の場合と同じで、一時的に利用するのではなく、現金化を繰り返し利用している場合は注意が必要です。

信用問題にかかわりますので、事業の整理、事業規模の見直しなどを行った方がいいでしょう。

クレジットカード現金化の利用を決める際の注意点と裏ワザ

クレジットカード現金化の利用を決める際の注意点と裏ワザ
クレジットカード現金化を利用する際の注意点と、裏ワザを紹介します。

クレジットカード現金化を利用する際の注意点

現金化する金額は必要最低限にする

現金が手に入ると気が大きくなり、ついつい使いすぎてしまう場合があります。

しかし、クレジットカード現金化は、クレジットカードで商品を購入してそれを換金して現金を得るものなので、次のカード引き落とし日には支払いが待っています。

ついつい使いすぎてしまう人は、必要最低限の金額を見極めて現金化するようにしましょう。

現金化率だけで現金化業者を決めない

クレジットカード現金化業者のホームページを見ると、「現金化率98%」などという高い数字を大きく出して宣伝しているところがあります。

しかし、現金化率98%では、業者の経費・利益を残りの2%から出すことになりますが、それでは儲けが出ないでしょう。

この高い現金化率には、次のようなカラクリがあります。

  • 現金化率に嘘はないが、手数料を別途引かれてしまうので、結果的に手にする現金は、現金化率の低い業者と同じになる。
  • 高い現金化率は高額な申し込み金額に対しての数字で、少額利用では現金化率はかなり低くなる
  • 現金化を業務としていない悪徳業者が、利用者の個人情報を入手したいがために高い現金化率で客集めをしている。

高い現金化率にばかり気を取られていると、悪徳業者の思惑にはまってしまいます。現金化をする際は多方面から検討して優良業者を選びましょう。

申し込みから振込までの最短時間を信じない

高い現金化率とともに、「最短5 分で振込」などスピーディーな手続きを宣伝している業者がいますが、その多くは2回目からの利用に限定されています。

というのも、クレジットカード現金化は利用者名義のクレジットカードを使うので、新規の利用時には本人確認のために本人確認書類の提出を求められるなど2回目以降より時間がかかります。

どうしてもすぐに現金が必要になり、「最短5分」の広告を信じて申し込んでも、実際は手続きに1時間以上かかってしまったという例もありますので、はじめて利用する場合は注意しましょう。

「新規利用最短30分、2回目以降最短5 分」というように、新規利用と2回目以降の手続き時間を明示している良心的な業者もあります。

ただし、この場合も申し込みが集中してしまうと、時間がかかってしまいますので、余裕を持って申し込むようにしましょう。

すべて使ってしまう必要はない

現金化でお金が手に入り、つい気が大きくなって必要でないものを購入してしまい、クレジットカード引き落としの際に後悔してしまうことがあります。

現金化で得た金額をすべて使い切る必要はありません。残った現金は、支払いの足しにしましょう。

クレジットカード現金化の裏ワザ

キャンペーンや特典を賢く利用する

クレジットカード現金化業者では、

  • 「新規申し込み限定!現金化率UPキャンペーン」
  • 「乗り換えキャンペーン!他社からの乗り換えで初回利用最大○円プレゼント」
  • 「紹介キャンペーン!知り合いを紹介してそれぞれ現金化率UP」

などのキャンペーンを行っているところがあります。

また、「自社より高い現金化率の会社がありましたら、そのホームページを提示していただければ、そこより1%UPします」などの特典を用意している業者もあります。

現金化する際には、そういったキャンペーンや特典を上手に利用することで、現金化率を引き上げることができます。

必要な利用金額より少し多めに現金化して現金化率を上げる

クレジットカード現金化は、利用金額が大きいほど現金化率が高くなります。

現金化業者のホームページを見比べてみると、5万円、10万円、20万円と段階的に現金化率が上がっています。

それを踏まえての裏ワザを紹介します。ただし、入ったお金は見境なく全部使ってしまうような性格の人にはおすすめできません。

慎重な性格の人であれば、必要な金額より一段階多めに現金化して現金化率を上げるという裏ワザがあります。

この方法なら手にする現金が増えますし、必要な分だけ使ったら残りは支払いに充てることで支払いも楽になります。

「あるお金は全部使ってしまえ!」という人にはおすすめできませんので、ご注意ください。

慎重な業者選びが成功の鍵

換金率、入金スピードは業者によって異なります。

急いでいるからと言って、業者のホームページのトップ画面に掲載されている宣伝文句につられて、よく調べずに申し込んでしまうと、現金化率が低くなったり、手続きに時間がかかったり、場合によっては詐欺被害に遭う可能性があります。

外部サイトで利用者の口コミを調べたり、現金化業者比較サイトを調べたりして、慎重に業者選びをすることが、スムーズな現金化を成功させるためには大切です。

まとめ

クレジットカード現金化を利用している人はどのような理由でどのくらいの金額を利用しているのか、また利用の際の注意点と裏ワザを紹介しました。

この記事を参考に優良業者をしっかり選び、無理なく返済できる範囲で利用金額を決めて申し込むと、安全に現金化ができます。