クレジットカード払いと現金払いの併用は可能?

現金を持ち歩かなくても、1枚持っていれば支払いができるクレジットカードはとても便利です。

しかし、クレジットカードには利用限度額が設定されており、使いすぎて限度額に達してしまうと、そのあと買い物ができなくなる心配があります。

高額な商品を買う際には、利用限度額に余裕がないと、全額を決済できない場合もあります。

現金、特に小銭を持ち歩きたくないからクレジットカード払いにしているという人も大勢いますが、それでも少しずつ小銭は貯まってしまい、なんとか小銭を使い切ってしまいたいと思う人もいるでしょう。

一方で、クレジットカードの使いすぎが怖いので、クレジットカード払いは一定額に収めたいと思っている人も多いでしょう。

こんなとき、クレジットカードと現金を併用して支払いができれば大変便利です。

「持っている現金をすべて使い、足りない分はクレジットカードで」、あるいは「クレジットカードで〇〇円払い、残りは現金で」というような使い方はできるのでしょうか?

クレジットカード払いと現金払いの併用は可能か?そのメリット・デメリットや、クレジットカードの利用限度額を引き上げる方法なども含めて紹介します。

クレジットカード払いと現金払いの併用は基本的に可能!

クレジットカード払いと現金払いの併用は基本的に可能!

結論

クレジットカード払いと現金払いを併用して買い物をすることは可能です。

5,000円の買い物をして、3,000円の現金を持っていてそれを使いたかったら、3,000円を現金で払い、不足分の2,000円をクレジットカードで支払うことは可能です。

高額な支払いを予定しているときなど、この方法は大変便利です。

たとえば、結婚式の費用の支払いを、ご祝儀でいただいた現金と、クレジットカードで支払うということができます。

クレジットカード払いと現金払いの併用は、販売店側にとってもメリットがあります。

クレジットカードに加盟している販売店は、購入者がクレジットカード払いをするたびに、クレジットカード会社へ手数料を支払っています。

現金払いならそっくり代金が販売店に入りますので、商品代金の一部でも現金払いにしてもらえれば、販売店としては手数料を節約することができます。

注意点

ただし、この方法は1つの決済方法のときよりも手続きに手間がかかります。
 
そのため、販売店によっては一切受け付けていない、あるいはレストランのランチタイムなど混雑している時間帯は断られてしまう可能性があります。
 
また、処理の方法を理解しているスタッフが不在で、断られてしまうという場合もありえます。
 
クレジットカードと現金を併用した支払いを希望する場合は、事前に確認しておきましょう。

分割払いは可能?

クレジットカード払いと現金払いの併用が可能な販売店では、クレジットカード払いは支払い回数が1回であればスムーズに対応してもらえます。

しかし、分割払いについては対応している販売店と、対応していない販売店がありますので、これも事前に確認しておきましょう。

もし一括払いしか対応していない場合は、店頭では一括払いにしておいて、クレジットカードの支払いの際にリボ払いにするといいでしょう。

クレジットカード複数枚(2枚以上)を使った支払いは可能?

高額な買い物をする際など、利用限度額の関係で1枚のクレジットカードでは支払いができない場合があります。

このようなとき、現金があれば不足分を現金で払うことができます。では、現金の手持ちがない場合には、どうしたらいいのでしょうか?

たとえば、2枚以上のクレジットカードを使って支払いをすることはできるのでしょうか?

一度の支払いで複数枚のクレジットカードを使った支払いができる販売店もありますが、決済システムの関係で断られてしまう場合もあります。事前に確認するようにしましょう。

クレジットカード払いと現金払いの併用の方法

クレジットカード払いと現金払いの併用の方法
1つの支払いにクレジットカード払いと現金払いを併用する方法は、とても簡単です。

支払いの際に、「クレジットカードと現金を併用して支払いたい」と伝えましょう。

その際、「現金で〇〇円、残りはクレジットカードで支払いたい」あるいは、「クレジットカードで〇〇円、残りは現金で支払いたい」というように金額も伝えてください。

クレジットカード払い+〇〇払い~併用可能な支払い方法と併用できない支払い方法は?

現金払い以外にも、クレジットカード払いと併用可能な支払い方法はあるのでしょうか。

併用可能な支払い方法と、併用できない支払い方法を紹介します。

クレジットカードに併用する支払い方法 〇併用可能
×併用不可
現金
他のクレジットカード
ギフト券・商品券
ポイントカード
電子マネー(Suica、nanaco、WAON、楽天Edyなど) ×
キャッシュレス決済アプリ(Paypay、LINEpayなど) ×

電子マネーやキャッシュレス決済アプリはクレジットカードとの併用ができません。

チャージ残高が足りないときは、差額分の現金を用意するか、全額クレジットカード払いに変更するようにしましょう。

原則的には併用可能な支払い方法でも、販売店によっては併用不可としているところもありますので、事前に確認してから利用しましょう。

注意点

また、「クレジットカード読み取り前に申し出ないと併用払いはできない」としている販売店もありますので注意しましょう。

クレジットカード払いと現金払い併用のメリット・デメリット

クレジットカード払いと現金払い併用のメリット・デメリット

クレジットカード払いと現金払いを併用する支払い方法のメリットとデメリットを紹介します。

クレジットカード払いと現金払い併用のメリット

現金が足りないときでも買い物ができる

買い物に出かけて現金払いで購入するつもりだったのに、ついワンランク上の商品が欲しくなり、予算がオーバーしてしまい現金が足りない……。

こんなときも、手持ちの現金にクレジットカード払いをプラスできるので、購入は可能です。

多額の現金を持ち歩かなくてすむ

高額の商品を購入する際、多額の現金を長時間持ち歩くのは不安です。

クレジットカード払いを併用するつもりであれば、その分の現金を持ち歩かなくてすみます。

利用限度額以上の高額商品を購入できる

クレジットカードの利用限度額が低く、クレジットカード払いだけでは欲しいものが買えないという場合でも、現金払いとの併用が可能であれば、オーバーする分の現金を用意すれば購入できます。

自分のお財布事情に合わせた支払いできる

クレジットカード払いは、利用額の引き落とし日が1カ月後、もしくは2か月後になるので、ついつい使いすぎてしまう心配があります。

自分の収入や支出状況を把握し、現金払いを上手に組み合わせることで、クレジットカードの使いすぎを防止することが可能です。

ポイントが貯まる

クレジットカード払いを併用すれば、その分のポイントを貯めることができます。そのポイントを次の買い物で使ったり、特典と交換したりできます。

特に高額の商品を購入するのであれば、たくさんのポイントを貯めることができるのでお得です。

クレジットカード払いと現金払い併用のデメリット

現金払いの部分にはクレジットカードのポイントがつかない

クレジットカードで全額支払うのと比べると、現金払いの部分にはポイントがつかないため、ポイントが少なくなってしまいます。

返品処理が複雑で手間がかかる

商品が気に入らずに返品する際、1つの支払い方法のときよりも返金手続きに手間がかかります。返品方法は販売店によっても異なりますので、確認してみましょう。

現金が足りなくなってキャッシングに手を出してしまう

買い物の時点では現金に余裕があったのに、現金払いを併用してしまったために、月末になったら現金が足りなくなってキャッシングに手を出してしまった……。

キャッシングには利息がかかりますので、これでは損をしてしまいます。

現金払いを併用する場合は、1ヵ月単位の収入と支出を考えて、無理ない範囲で利用するようにしましょう。

クレジットカードの利用限度額が足りない場合は増額も検討する

クレジットカードの利用限度額が足りない場合は増額も検討する
手持ちの現金との併用で買い物をするつもりだったのに、併用を断られてしまい、クレジットカード払いを選択せざるを得ない場合もあります。

しかし、商品代金が利用限度額をオーバーしてしまい決済できないことや、決済はできたが利用限度額を使い切ってしまい、それ以降クレジットカードが使えなくなる可能性があります。

クレジットカード払いは便利なので、使えないのは大変困ります。

利用限度額が足りないという理由でたびたび現金払いを併用している場合は、一時的な、あるいは継続的な利用限度額の増額を検討してみましょう。

一時的な引き上げ

「結婚式の前後数ヵ月だけクレジットカードの利用が増えるので、利用限度額を引き上げてほしい」

「家を購入し、引っ越し代や家具の新調でお金がかかる。引っ越し費用を調達するために一時的に利用限度額を上げたい」

「海外旅行に行って買い物をしたいから、来月だけ利用限度額を増額したい」

このような場合、多くのクレジットカード会社では利用限度額の一時的な引き上げに応じています。

短期的に大きな買い物を予定している場合に、クレジットカード会社のホームページや電話で申し込み、その後審査を受けて可能と判断された場合、短期間だけ利用限度額を引き上げてもらえます。

一度引き上げて、さらに追加で上げることは難しいので、利用限度額増額の対象期間やいくら引き上げたら足りるかなど、慎重に計算してから申し込むようにしましょう。

継続的な引き上げ

毎月毎月、クレジットカード払いを限度額まで使っているか、それでも足りなくて現金払いを併用しているという場合は、継続的に利用限度額を引き上げてもらう方法があります。

ただし、継続的な引き上げは、一時的な引き上げに比べて、各クレジットカード会社ともに審査を厳しくしています。

クレジットカード会社は、申請者の利用状況や信用情報などを調べ、継続的に引き上げても支払いは可能かどうかを判断します。

審査の結果、増額可能と認められれば限度額が増額されます。

引き上げの審査には時間がかかる場合がありますので、余裕をもって申し込むようにしましょう。

クレジットカードのグレードアップも検討する

クレジットカードには、一般カード<ゴールドカード<プラチナカード<ブラックカード というようにランクがあります。

このランクのステータスが高いカードほど利用限度額は上がり、サービス内容もよくなります。

ただし、ステータスが高いほど、年会費も高くなっています。

クレジットカード会社によっては、長年クレジットカードの利用に問題がなく、支払い能力もしっかりしていると認められた一般カード会員を「インビテーション」つまり上級会員へ招待するシステムがあります。

このインビテーションを受けて、クレジットカードをグレードアップすると、「初年度の年会費年無料」や「初年度の年会費無料+次年度からは1度でも利用すればその年度の年会費無料」などの特典がついてきます。

インビテーションを上手に利用することで、高い会費を支払わずにステータスの高いカードに変えられ、利用限度額を引き上げることができます。

まとめ

クレジットカード払いと現金払いの併用は原則可能ですが、販売店によっては利用を断っているところもあるので、事前に確認するようにしましょう。

二つの支払い方法を併用することで、1ヵ月の収入と支出のやりくりが上手にできたり、高額な買い物ができたりというメリットがあります。

臨時に高額な出費がある場合や、クレジットカードの今の利用限度額ではどうしても足りないという場合は、利用限度額の引き上げを検討してみましょう。