dポイントで株の投資をして現金化をする【日興フロッギー+ドコモ投資】

街中やネットショッピングでの買い物、NTTドコモを利用することなどでどんどんポイントが貯まり、貯まったポイントは買い物やNTTドコモの料金支払いに使える便利なポイントプログラム。それがNTTドコモのdポイントです。

貯まっていくばかりで使う予定がない時、dポイントを現金化できたら便利だなと思ったことはないでしょうか。

dポイントを現金化する方法にはいくつかありますが、そのうちの1つに日興フロッギーでdポイント投資して現金化する方法があります。

この方法なら、期間・用途限定dポイントも現金化できるので大変便利です。
日興フロッギーとはどんなサービスか、そして日興フロッギーを利用してdポイントを現金化する方法を紹介します。

日興フロッギーとは

日興フロッギーとは

日興フロッギーは、三井住友フィナンシャルグループに属するSMBC日興証券が提供している新しい株式投資のサービスです。
学びながら株式投資ができるので、投資初心者におすすめです。

「SMBC日興証券アプリ」をスマホにインストールすることで、銘柄探しの幅が広がる上、気になる銘柄に関連する最新ニュースを読むことができ、そのまま株式投資に進むこともできます。

最低投資金額は100円となっているので、初心者でも気軽に始められます。
また、dポイントを株式投資の購入資金に充当することができるので、dポイントの使い道に困っている際の使い道として最適です。

購入金額100万円以下であれば購入手数料がかかりませんし、NISA口座にも対応しています。

日興フロッギーのメリット

  • スマホで簡単に操作できます。
  • 投資の知識がなくても企業やマーケット情報の記事を読んで情報収集でき、そのまま購入に進めます。
  • 100万円までの購入には手数料がかかりません。
    ※購入手数料100万円以下0%、100万円超1%、売却手数料100万円以下0.5%、100万円超1%
  • 通常、投資にはまとまった金額が必要となりますが、日興フロッギーは最低投資金額が100円で、それ以上は100円単位で金額指定して株を購入することが可能です。
  • dポイントで株式投資ができるだけでなく、記事を購読したり株を購入したりすることでdポイントが貯まっていきます。
  • dポイントが付与されるキャンペーンなどを期間限定で実施しています。
  • 主な東証上場株式3,760銘柄とETF(上場投資信託)を購入することができます。
  • NISA口座に対応しており、年間投資額120万円が5年間、つまり合計600万円が非課税となります。
  • 企業の業績により配当金が受け取れます。また、保有株数が単元株数を超えると単元株に切り替わって株主優待を受けることができます。

日興フロッギーのデメリット

  • 100万円を超える投資には購入手数料がかかります。また売却手数料は金額に関係なくかかります。この手数料が、一般のネット証券の手数料と比べると割高になっています。
  • 元本保証がないためリスクがあります。
  • NISA対象の投資信託は扱っていません。
  • 通常の株購入では、「○○円になったら購入する」という指値注文が可能ですが、日興フロッギーでは指値注文ができません。

日興フロッギーの口座開設から取引までの流れ

  1. SMBC日興証券に口座開設

    日興フロッギーの公式ホームページの【口座開設】を選択します。
    ※SMBC日興証券の口座を持っている場合は、【ログイン】します。

  2. 同意事項を確認

    • 申し込みコースの留意事項を確認
    • 個人番号(マイナンバー)の告知に関する確認
    • 口座開設に伴う書面の電磁交付の確認
    • NISA口座開設留意事項の確認
    • その他、注意事項を確認

    【同意して口座開設】を選択します。

  3. お客様情報の入力に必要事項を入力

    氏名、性別、生年月日、電話番号、メールアドレス、自宅住所、銀行口座番号などを入力します。

  4. 本人確認書類の提出

    「マイナンバーカード」または「通知カード+運転免許証orパスポート」のいずれかを画面の案内に従ってアップロードします。

  5. 口座開設完了

    登録したメールアドレスに届いたメールにあるURLからログインすると手続き完了です。

  6. 口座に入金する出

    口座に入金する方法は、インターネット決済、銀行振込、ATMからの入金の3つの方法があります。
    インターネット決済と銀行振込は、スマホやPCのメニュー画面の「マイ資産→入金」で行えます。

  7. 日興フロッギーで取引を開始する

    入金が完了すると、日興フロッギーサイトで株取引ができるようになります。
    人気記事などを読んで、気になる銘柄を見つけたら、投資を開始しましょう。

「日興フロッギー+ docomo」でdポイントを現金化する方法

「日興フロッギー+ docomo」でdポイントを現金化する方法

dポイントは、NTTドコモのサービスや加盟店で貯めて使える共通ポイントサービスです。

dポイントクラブに入会しdアカウントを作れば、ドコモ回線を利用していないauやソフトバンクなどの他社回線を利用している人、ドコモ口座を開設していない人でも、dポイントサービスを利用できます。

dポイントクラブに加盟している街中の店舗やオンラインショッピングで、商品やサービスを購入するとdポイントが貯まります。

実店舗の加盟店は、コンビニエンスストアやファーストフード、家電量販店、飲食店、ホテルなどと幅広く、オンラインショッピングではAmazonやメルカリなどで利用できますので、いつものように買い物をするだけでdポイントがどんどん貯まっていきます。

また、ドコモユーザーなら毎月のスマホ代の支払いでも、ポイントが貯まります。
このdポイントを日興フロッギーで現金化する手順は次の通りです。

1.SMBC日興証券にdアカウントを連携する

日興フロッギーにログインして【dアカウントを連携する】を選択し、dアカウントのIDを入力すると連携が完了します。連携が完了すると、ログイン後のページに「+docomo」と表示され、dポイントを使った株式投資ができるようになるほか、指定の記事を読むことでdポイントを獲得することもできるようになります。

2.dポイントを選択して株を購入する

購入する銘柄が決まったら、【買う】を選択して購入します。
その際、決済方法で【dポイント】を選択して使用するポイント数を入力すれば、dポイントでの注文が完了します。

dポイントは「通常ポイント」のほか、「期間・用途限定ポイント」も利用することができます。
なお、100万円以下の株式購入については、手数料がかかりません。

3.株を売却

タイミングを見て、株式を売却します。
日興フロッギーにログインし、マイ資産の売りたい株をクリックして【売る】を選択し、【全て売却】を選択します。
保有している株の一部を売る場合は、【金額を指定】を選び、売却金額を100円単位で入力します。

内容に間違いがなければ、【注文内容を確認する】→【この内容で注文する】と進みます。
なお、売却については、取引金額にかかわらず手数料がかかります。
※売却手数料100万円以下0.5%、100万円超1%

4.売却代金を銀行に振り込む

売却代金をSMBC日興証券の口座から指定の銀行に出金手続きをし、現金化が完了します。

日興フロッギーによる現金化のメリット

株式投資しながらdポイントが貯められる

日興フロッギーで指定の記事を読んだり、株式投資で手数料を払ったりすると、その都度dポイントを獲得することができます。

Amazonギフト券より高い換金率が期待できる

dポイントをAmazonギフト券で現金化する場合の換金率は、平均で85%と言われています。
これに対して、日興フロッギーの株式投資は、上手に運用して増やすことができれば、換金率が100%を超えることもあります。

株式投資には売却手数料が発生しますが、手数料が発生する場合は取引金額の0.2%のdポイントが付与されます。
100万円以下の購入では手数料は無料ですが、売却の場合は100万円以下でも0.5%の手数料がかかります。
しかし、後から0.2%のdポイントが還元されるので、実質手数料は0.3%となります。

期間・用途限定ポイントも現金化可能

うっかり期間・用途限定ポイントを使わず無駄にしてしまったということはないでしょうか。
日興フロッギーなら、期間・用途限定ポイントも利用できますので、使う当てのないポイントを無駄にして捨ててしまうということがなくなります。

さまざまな特典やキャンペーンがある

日興フロッギーでは定期的にさまざまなキャンペーンを実施しており、お得にdポイントを貯めることができます。
これまで実施されたキャンペーンをいくつか紹介しましょう。(既に終了しているキャンペーンも含まれます)

  • 祝!日興フロッギー4周年「記事を読むたびにdポイント4pt (最大200ptまで)もらえるキャンペーン」
  • 最大100,000ptが当たる!「dポイント総額3,000,000pt山分けキャンペーン」
  • dアカウント連携でこんなにお得!各回抽選で2000名様に500ptプレゼント!「dポイントがもらえるお得なキャンペーン!」

NISAに対応している

投資で得た利益に対しては通常課税されますが、NISA口座をSMBC日興証券に開設してあれば、利益が出ても非課税になります。

日興フロッギーによる現金化のデメリット

SMBC日興証券で口座開設しdアカウントと連携させる必要がある

SMBC日興証券に口座を開き、dアカウントを連携させる必要があります。
その際本人確認書類をオンラインで提出する等の多少の手間がかかります。

現金化まで時間がかかる

口座を開設してdポイントと連携させ、株式銘柄を選んで購入し、売り時を見て売却するという手順が必要で、現金化を急いでいる人には向いていません。

投資信託は扱っていない

日興フロッギーでは投資信託は取り扱っていません。(ETFを除く)
「記事を読んで株が買える」という仕組みがメインのため、株式投資が中心となります。
株式投資はハイリスク・ハイリターンの投資方法です。

一方、投資信託は株式と他の資産運用を組み合わせてあり、株式投資と比べると安全性が高いため人気があります。
日興フロッギーでは投資信託は購入できないため、投資に少しでも安全性を求めたいという人には不向きです。

売却手数料は他のネット証券よりやや高め

日興フロッギーは、他のオンライン証券と比べると売却手数料が高めに設定されています。
ただし、後日dポイントで0.2%が還元されるため、100万円以下の投資の売却手数料は実質0.3%となり、Amazonギフト券の換金率より高くなる可能性があります。

ハイリスク・ハイリターンの投資であり、自己責任で行う必要がある

株式投資は、購入する銘柄を見誤ると大損してしまう可能性があります。
その点を考慮して、自己責任で行う覚悟が必要です。

dポイントを「日興フロッギー+docomo」で現金化する方法を紹介しました。
「日興フロッギー+docomo」なら、期間・用途限定ポイントを使うことができますので、期限切れになりそうなポイントの消化方法として重宝します。

大至急現金化したいという場合には不向きかもしれませんが、100pt(=100円)から購入でき、購入手数料は100万円まで無料となっていますので、株式投資に興味がある人はチャレンジしてみてはいかがでしょうか。