クレジットヒストリーとは?クレジットカードの現金化で信用に傷がつく?

「新しいクレジットカードの申し込みをしたのに、審査に通らずカードが作れなかった」

「大きな買い物をしたくて利用限度額のアップを申し込んだが、認められず増額されなかった」

そんな経験はないでしょうか。

クレジットカードの新規作成や利用限度額の増減は、クレジットカード会社が独自の審査基準で審査をしており、その詳細は明らかになっていません。

しかし、クレジットヒストリーが審査の際の判断材料となり、大きな影響を及ぼしていることは分かっています。

クレジットヒストリーとは、信用取引における個人の信用情報のことです。

クレジットヒストリーの評価が悪いと、クレジットカードの新規作成や利用限度額を増やすことが難しくなります。

一方、クレジットヒストリーが良ければ、新しいクレジットカードの作成や利用限度額の増額は問題なく認められます。

クレジットカードの現金化をしていると、このクレジットヒストリーに傷がつくのではないかと心配されるかもしれません。

クレジットヒストリーとはどんなものか、そしてクレジットカードの現金化を行うと、クレジットヒストリーはどうなってしまうのかについて紹介します。

クレジットヒストリーとは?

クレジットヒストリーとは?
クレジットヒストリーは信用情報機関に登録された個人の信用取引に関する客観的な取引履歴のことで、クレヒスと省略されることがあります。

クレジットヒストリーには、これまで行ってきたクレジットやローンの申し込み履歴、契約の内容、支払い状況、借入残高などが、どんなに少額の取引であっても詳細に記録されています。

このクレジットヒストリーは、クレジットカードやローンの契約を申し込んできた利用者が信用できるかどうかを確認するための、審査の判断材料に使われます。

クレジットヒストリーは、クレジットカード会社が各自持っているわけではなく、クレジットカード会社が加盟している信用情報機関に保管されています。

日本にある個人向けの信用情報機関には、

この3つがあります。このうち、クレジットヒストリーは、株式会社シー・アイ・シー(CIC)に保管されています。

自分のクレジットヒストリーがどうなっているか気になる方は、所定の手続きを取れば本人にも開示してもらえますので確認できます。

開示請求は、CICへ出向くか、郵送、インターネットなどから、申し込み書類を手数料と共に提出して行います。

株式会社シー・アイ・シー(CIC)

クレジットカードおよび消費者ローンに関する信用情報(個人の属性・契約内容・支払状況・残債額など)を加盟会員であるクレジットカード会社などから集めて、クレジットカード会社等からの照会に対して情報を提供する信用情報機関です。

CICに加盟している会員には、信販会社・百貨店・専門店会・流通系クレジット会社・銀行系クレジット会社・家電メーカー系クレジット会社・自動車メーカー系クレジット会社・リース会社・保険会社・保証会社・銀行・消費者金融会社・携帯電話会社など多岐に渡ります。

クレジットヒストリーをチェックする際の注意点

クレジットヒストリーをチェックする際の注意点
自分のクレジットヒストリーがどのようになっているか気になる人は、一度取り寄せてみましょう。

特にチェックしておきたいのが、支払い(入金)情報です。支払いが滞ったりすると支払い情報の評価が下がり、全体の評価が悪くなります。

クレジットヒストリーは、以下の記号で支払い情報が表示されています。

記号 意味
請求通りまたは請求額以上の入金あり
P 請求額の一部の入金あり
R 契約者以外からの入金あり
A 契約者の事情で約束日に入金なし(未入金)
B 契約者とは無関係の理由で入金なし
C 未入金だが原因不明
請求なく、入金もなし
※クレジットの利用がなかった等
空欄 クレジット会社等からの情報更新なし

開示情報の閲覧の際は、以下の点に注意してください。

すでにお金を支払ったのに、その記録が反映されていない?

クレジット契約の場合は、支払い情報が反映されるまで1~2カ月かかります。キャッシング契約の場合は、支払い翌日には反映されます。

情報はいつまで残るか?

クレジット情報は契約期間中および契約終了から5年間、申し込み情報・利用記録はクレジット会社等がアクセスした日から6カ月間、記録が残ります。

期間が過ぎた情報は、自動的に削除されていきます。

現在悪い評価であったとしても、時間経過と、良い評価で上書きされることにより、良いクレジットヒストリーに変えることは可能です。

載っている情報を削除できない?

掲載されている情報が正しい場合は、削除することはできません。

また、万が一間違った情報が掲載されていた場合も、CICは信用情報を預かっている立場であるため、登録元会社でしか訂正・削除はできません。登録元のクレジットカード会社に確認してみましょう。

良いクレジットヒストリーと悪いクレジットヒストリーについて

良いクレジットヒストリーと悪いクレジットヒストリーについて
クレジットヒストリーには、どんなに小さな取引でもすべて記録されています。

いつ、どこと契約をし、いくら借り入れし、指定期日にいくら返済したかという記録が詳細に掲載されます。

クレジットカードの利用代金の返済がいつも滞納していたり、分割払いが多かったり、キャッシング枠いっぱいまで借り入れがある利用者は、悪いクレジットヒストリーになります。

良いクレジットヒストリーにするためには、クレジットカード利用代金の返済を延滞しないないことが大切です。

支払い方法は分割払いなどを利用せず、一括払いしていると良い評価がつきます。

さらにキャッシングの利用がないと、評価はさらにプラスとなります。

クレジットカードを持っていても、常に現金払いをしていてクレジットカードうを使うことがないという利用者は、一般的には良い消費者となるのかもしれませんが、クレジットカード会社にとっては旨みのない会員ということになります。

悪い評価にはなりませんが、といって良い評価を与えられるわけでもありません。

支払い可能な範囲で、定期的にクレジットカードを利用している利用者が、一番良いクレジットヒストリーを得ることができます。

クレジットカードを作りすぎて、たくさん持っていても使わなければ意味はありません。

一般的な消費者は、3~4枚のクレジットカードを持っていると言われています。

使わないカードをたくさん持っているより、その3~4枚のカードを状況に応じて使い分けている利用者の方に良い評価がつけられます。

現金化とクレジットヒストリーの関係は?現金化で傷がつく?

現金化とクレジットヒストリーの関係は?現金化で傷がつく?
クレジットカードを使った現金化は、キャッシング枠限度額いっぱいまで借り入れをしてこれ以上借りられないという場合でも、ショッピング枠を使って現金を手に入れることができます。

しかし、クレジットカードで現金化をしたことで、クレジットヒストリーに傷がついてしまっては困ります。

クレジットカード現金化とクレジットヒストリーの関係について紹介します。

クレジットカード現金化前のクレジットヒストリー

クレジットカード現金化はショッピング枠を使うので、キャッシング枠を使った借り入れとは違って金銭の貸し借りには当たりません。

そのため、現金化する際に審査をされることはなく、信用情報や過去のクレヒスが影響を及ぼすことはありません。

ただし、もっと多くの金額を現金化したいと考えて、現金化前に利用限度額の引き上げを申し出ると、その時点で審査が入り、クレジットヒストリーを確認されてしまいます。

他社のクレジットカードで延滞していたり、キャッシングしている金額が多すぎたりする場合は、申請しても審査で引っかかってしまいますので要注意です。

クレジットカード現金化後のクレジットヒストリー

クレジットカード現金化は、法的にはグレーゾーンにあり、現金化業者が貸金業とみなされて罰せられた例はありますが、利用者が罰せられることはありません。

一方で、クレジットカード会社は利用規約でクレジットカード現金化を禁止しているので、現金化したことがクレジットカード会社に知られてしまうと利用停止や退会処分などのペナルティが課せられ、信用情報にも傷がつく、つまりクレジットヒストリーが悪くなります。

その情報はCICを通じて他のクレジットカード会社も共有していますので、どのクレジットカード会社からもブラック認定されてしまい、新しいクレジットカードが作れなくなってしまいます。

クレジットヒストリーに傷をつけず安全に現金化をするための注意点は?

クレジットヒストリーに傷をつけず安全に現金化をするための注意点は?
クレジットカード会社は、現金化など不正な利用がないか常にチェックしています。

不正利用が発覚してしまうと、クレジットヒストリーに傷をついてしまいますので、現金化の際は次の点に気をつけましょう。

優良な現金化業者を選ぶ

優良なクレジットカード現金化業者を使うことにより、現金化を疑われる心配はなくなります。

現金化業者はクレジットカード会社の加盟店にはなれないため、決済代行会社を通して決済を行います。

決済代行会社は、決済を利用したい販売業者とクレジットカード会社の間に入って、販売業者とクレジットカード会社が直接契約した場合に発生する事務手続きや確認作業を代行します。

販売業者、クレジットカード会社、双方にとって、決済代行会社を仲介して取引することは大きなメリットになります。

また、決済代行会社を経由することで、クレジットカード会社は何をいくらで購入して決済したのかその詳細を見ることができなくなるので、現金化が発覚する恐れはかなり低下します。

優良な現金化業者ほど、決済代行会社を使って慎重に決済しています。

優良現金化業者一覧

1位 2位 3位
ゼロスタイル スピードペイ プライムウォレット
ゼロスタイル スピードペイ プライムウォレット
https://zero-style.org/ https://speed-pays.com/ https://prime-wallet.com/
手数料等0円 年中無休 LINEで見積もり可
最大換金率
99.2%
最大換金率
98%
最大換金率
98.8%
最短5分 最短10分 最短10分
公式サイト 公式サイト 公式サイト

現金化しやすい商品ばかり購入しない・大量購入しない・繰り返し購入しない

金券やギフト券、ブランド品や新幹線の回数券など、換金率が高いものばかり購入すると、現金化を疑われてしまいます。

同じ商品を大量購入している場合や、何度も同じ商品を繰り返し購入している場合も、疑惑を持たれるきっかけとなりますので気をつけましょう。

商品は必ず受け取る

現金化のために購入した商品は、必ず受け取りましょう。

買った商品を受け取らないと、売買ではなく金銭の貸し借りとなってしまい、明らかな規約違反になってしまいます。

現金化業者の中には、商品を電子データにしている場合もありますので、その場合も必ずメールで受け取ってください。

商品を送るという作業をしない現金化業者は悪質と見て間違いありませんので、現金化の申し込み前に確認しておきましょう。

購入記録を自分でチェックしてみる

クレジットカードの購入履歴が、現金化のための決済ばかりになっていては怪しまれます。普段から、日用品の購入などにも利用して、不自然にならないように注意しましょう。

今回は、クレジットヒストリーについてと、クレジットカードの現金化がクレジットヒストリーに及ぼす影響について紹介しました。

自分のクレジットヒストリーが気になるという人は、ぜひ一度自分で取り寄せて確認してみましょう。