キャッシングとは?クレジットカードで現金を引き出す方法

クレジットカーのキャッシング機能を使えば、銀行やコンビニのATMなどで簡単に現金を借りることができます。

このキャッシングとカードローンの違い、さらにキャッシングの利用方法と利用する際の注意点などを紹介します。

キャッシングとは?カードローンとの違い

キャッシングとは?カードローンとの違い

クレジットカードによるキャッシングとは?

クレジットカードに付帯しているキャッシング機能を利用し現金を借りること。

急な出費があるのに、給料日前で手元にも銀行口座にもお金がないときなど、一時的にキャッシングを利用して現金を借りることができるので大変便利です。

クレジットカードには、

  • ショッピング枠
  • キャッシング枠

この2つの利用枠があります。

クレジットカード申し込み時にキャッシング枠を設定することができますが、もし設定していなくても必要になった時点でキャッシングの審査を受けることで利用できるようになります。

また、限度額の増減などの変更も、必要になったときに申請すると変更できます。

キャッシングは、ATMなどから現金を引き出して借りることができます。

この借りた現金を返済する際は、クレジットカードでショッピングをしたときと同じく、翌月1回払いやリボ払い(リボルビング払い)などが選択可能です。

ココに注意!

ただし、キャッシングには貸金業法にもとづいた金利が設定されています。
 
クレジットカード会社のホームページで事前に金利を確認し、借りすぎて返済できないということにならないように計画的に利用するようにしましょう。

クレジットカードでお金を借りる「キャッシング」と「カードローン」の違いは?

クレジットカードでお金を借りる「キャッシング」と「カードローン」の違いは?
カードを使ってお金を借りる方法には、

  • キャッシング
  • カードローン

この2種類があります。

もともと「キャッシング」はお金を借りるサービスの総称で、その中のひとつの方法として「クレジットカード付帯サービスのキャッシング」があったのですが、これを現在では「キャッシング」と呼ぶようになりました。

「キャッシング」と「カードローン」は混同されがちですが、まったく別のものなので、その違いを理解しておきましょう。

キャッシング(クレジットカード付帯サービスのキャッシング)とは

クレジットカードのキャッシング枠を使ってお金を借りることが、ここでいうキャッシングです。

キャッシング機能を利用したい場合は、大手のクレジットカードであれば、全国の銀行や郵便局のATM、コンビニATMなどで、キャッシュカードと同じように現金を下ろすことができます。

海外で利用できるクレジットカードであれば、海外利用枠をあらかじめ設定しておくことで、海外でもキャッシングすることが可能です。

返済方法は、翌月一括返済やリボ払いなどを選べますが、リボ払いについてはクレジットカード会社によって、「定額方式(毎月一定の金額を支払う)」「定率方式(毎月借入残高に対し一定の割合を支払う)」「残高スライド方式(借入残高に応じて金額や割合を変えて支払う)」などの方法が選べるようになっています。

キャッシング利用限度額は最高でも数十万円までと低く抑えられています。逆に、金利は高め(実質年率15.0~18.0%)の傾向があります。

※実質年率は2021年6月調べ

カードローンとは

カードローンは、クレジットカード会社、銀行、消費者金融などが提供する借入専用のサービスです。

利用限度額は、数十万から数百万とキャッシングの限度枠より高く設定されており、事前審査によって決められます。

借入はATMから現金を引き出す方法だけでなく、指定した銀行口座に振り込んでもらうことも可能です。

返済方法は、住宅ローンなどと同じで、毎月の支払い期日に借りる際に決めた金額が銀行口座から引き落とされます。また、臨時収入があったときには、繰り上げ返済できるローンもあります。

金利は借入専用のサービスだけに、キャッシングと比べると低め(実質年率1.8%~18.0%)に設定されています。

※実質年率は2021年6月調べ

キャッシングの利用方法

キャッシングの利用方法

借りるとき

キャッシング枠を設定しておく

急に現金が必要になったときに、ATMなどでお金を借りられるキャッシングは便利ですが、クレジットカードを持っているだけでは利用できるわけではありません。

あらかじめ、キャッシング枠を設定するための審査を受ける必要があります。

キャッシング枠は、クレジットカード入会時に申し込めますが、設定せずに利用していて急に必要になった場合は後から申し込むことが可能です。

キャッシング枠を設定するための審査基準は公表されていませんが、どのような情報をチェックされるかについてはある程度把握することができます。

まず、信用情報機関に残っている過去数年の履歴から、返済をきちんと行っているか、債務整理などトラブルを起こしていないかなどがチェックされます。

返済に延滞があったから必ず審査に落ちるということでなく、すべての情報を参考にクレジットカード会社が判断します。

また、他社からの借入状況もチェックされます。貸金業法では総量規制というルールがあり、年収の1/3を超える貸付けをしてはいけないことになっているからです。

ただし、総量規制には住宅ローンや自動車ローンは含まれないことになっています。

さらに、本人プロフィールも確認されます。多くの場合、学生や未成年(20歳未満)のキャッシング利用は不可となっています。

また、年収や勤務先、雇用形態や勤続年数、持ち家かどうか、家族構成などもチェックされるようです。

以上のような審査があるため、キャッシングを申し込んだ当日に利用を開始することは難しく、申し込みから利用開始まで数日はかかると考えておきましょう。

キャッシング借入の方法

キャッシングでお金を借りる方法には、

  • ATMで引き出す
  • CD(現金自動支払機)を利用する
  • インターネットや電話で申し込んで口座振り込みにする
    (※クレジットカード会社によって異なる)

というやり方があります。

キャッシングでかかる利息や手数料

キャッシングでは年率15.0%~18.0%の利息がかかりますが、それ以外にもATM、CD、口座振り込みを利用する際の手数料がかかる場合があります。

返すとき

キャッシングには大きく分けて2つの返済方法があります。

キャッシング1回払い

キャッシング1回払いは、キャッシングした金額を翌月一括で返す方法で、返済回数と借入期間を短くすることで利息の支払いを減らすことができます。

なお、この返済方法は口座振替のみで、ATMでの返済はできません。

キャッシングリボ払い

キャッシングリボ払いは、毎月一定額を返していくもので、口座振替とATMに自分で振り込む方法があります。

リボ払いには、クレジットカード会社によって「定額方式」「定率方式」「ボーナス併用払い」などさまざまな返済方法が用意されていますので、自分の返済計画に合う方法を選べます。

ただし、返済回数が増え、借入期間が長くなるため、利息の負担は1回払いよりも増えるので注意しましょう。

また、ATMでの返済時には、手数料がかかる場合があります。

キャッシングを利用する際の注意点

キャッシングを利用する際の注意点

計画的に利用する

キャッシングはクレジットカードがあれば簡単に利用できるために、慣れてくるとショッピング枠で買い物するのと同じ感覚で利用してしまうようになります。

しかし、キャッシングはあくまで借金ですので、元金と利息を返済していかなくてはなりません。

ついうっかり借りすぎてしまうと、毎月の収入では返済しきれなくなります。

そして、返済するために別のクレジットカードでキャッシングをして、それを返すためにまた……と繰り返すうちに雪だるま式に借金が増えて、多重債務に陥ってしまう危険性があります。

身の丈にあった計画的な利用を心がけましょう。

キャッシングは申し込みが必要

キャッシング枠の設定は、申し込んですぐ利用できるわけではなく、先にも説明した通り審査に数日間かかります。

キャッシングを利用する可能性があるのなら、クレジットカード入会時に設定しておくと一度の審査で済みます。

ただし、キャッシングの利用枠をあまりにも高く設定すると、審査に通らない可能性があります。

入会時に高額なキャッシング枠を申し込むと、クレジットカードの作成自体ができなくなりますので注意しましょう。

キャッシングを利用すると、その分ショッピング枠が減る

クレジットカードの利用限度額にはショッピング枠とキャッシング枠があります。

総利用枠はショッピング枠とキャッシング枠のそれぞれにあるのではなく、ショッピング枠の中にキャッシング枠が含まれているのです。

たとえば、総利用枠が100万円のクレジットカードに、キャッシング枠を20万円設定したとします。

この場合、キャッシング枠をまったく使っていなければ、100万円まで買い物できます。

しかし、キャッシング枠上限の20万円までキャッシングした場合は、ショッピングの利用は80万円になります。

すなわち、キャッシングする前に100万円まで買い物で使い切ってしまうと、キャッシング枠は0になり利用できなくなるということです。

ショッピング枠(総利用枠)100万円でキャッシング枠が20万円のクレジットカードの利用例

【キャッシングを利用しない場合】

100万円まで買い物可能だが、その場合キャッシング枠は0になる。

キャッシングを利用しない場合

【キャッシングを20万利用した場合】

キャッシングを20万円利用した分ショッピング枠が減り、ショッピング枠は80万円になる。

キャッシングを20万利用した場合

海外で利用するには事前申し込みが必要

海外旅行にクレジットカードを持参すれば、現金を持ち歩かなくても買い物や食事の支払いをカード払いで済ませることができます。

とはいえ、チップや少額の買い物では現地通貨が必要になります。

そんなとき、クレジットカードのキャッシング機能を使えば、両替所にわざわざ行かなくても、空港や駅、繁華街に設置してある現地のATMで現地通貨を引き出すことができ大変便利です。

また、ATMが見つからない、使えないときは、クレジットカード会社が提携している現地の金融機関の窓口で、クレジットカードとパスポートの提示をしてキャッシュサービスが受けられる場合もあります。

海外でキャッシングを利用するためには、事前に海外キャッシュサービスの利用枠を設定しておく必要がありますので、海外旅行が決まったらすぐに申請しておきましょう。

海外で使えるカードによって対応ATMが違う

海外では、クレジットカードの種類によって、使えるATMは異なります。ATMのマークで確認しましょう。

クレジットカードの種類 対応ATM
VISAカード VISAまたはPLUSマークのあるATM
MasterCardカード MasterCardまたはCirrusマークのあるATM
JCBカード JCBまたはCirrusマークのあるATM
その他PLUSマークのあるカード VISAカードに同じ
その他Cirrusマークのあるカード MasterCard、JCBカードに同じ

海外でキャッシングする際は手数料や換算レートを確認する

ATMで現地通貨のキャッシングをする場合、為替レートが現地の両替所や銀行より得になることも、反対に多少損をすることもあります。

使用する為替レートは各社ごとに基準を設けています。

主な国際ブランドのクレジットカード会社のホームページには、この基準レート(VISAはExchange Rate、MasterCardは Currency Conversion Calculator 、JCBはBase Rateなどと表記)を掲載しているページがあります。

また、キャッシングには利息が発生する他、ATM利用の手数料もかかりますが、両替所を利用するよりも安く抑えられる場合もあります。

事前に、為替レートや手数料をチェックした上で利用しましょう。

関連ページ:Amazonギフト券買取と換金は大黒屋では買い取りできない?

投稿者プロフィール

橋本隆志
橋本隆志
借金総額300万円
消費者金融からお金を借り、借金返済をする為にクレジットカードで現金化をした経験などを元に、執筆業務をしています。