Amazonギフト券の現金化は危なくないの?

そんな不安を抱いている方に、Amazonギフト券の現金化が危険といわれる理由について紹介します。

Amazonギフト券の現金化は危険?

Amazonは全世界で多くの人が利用している人気通販サイトです。そのため、Amazonギフト券を使う人は多く、その分換金率は高くなっています。

現金が必要なときに行うクレジットカードの現金化でも、ブランド品や家電製品を現金化するよりもAmazonギフト券の方が高く買い取ってもらえます。

しかし、Amazonギフト券の現金化は違法ではないのかと心配する方も多いようです。

結論からいうと、Amazonギフト券の現金化は違法ではないので、現金化をしたからといって、摘発されたり処罰されたりする心配はありません。

ただし、現金化の方法によっては危険な面があるのは事実です。

Amazonギフト券が危険といわれる理由と注意点、Amazonギフト券の現金化で受けるかもしれないペナルティについて紹介します。

Amazonギフト券の現金化はAmazonの利用規約で禁止されている

Amazonギフト券の現金化はAmazonの利用規約で禁止されている
Amazonギフト券を転売するなどして現金化すること(買取サイトへの売却など)は、Amazonギフト券細則で禁止されています。

もし、規約違反が発覚するとアカウントを停止されるか、強制退会処分されることになり、Amazonのあらゆるサービスが利用できなくなります。

アカウントを停止された時点ですぐにマイページへのログインができなくなり、注文していた商品がキャンセル扱いになるほか、アカウントに既に登録してあるAmazonギフト券、Amazonクーポン、Amazonポイントなどが使えなくなります。

Amazonに出店している方は、販売もできなくなります。購入者用のアカウントとは別に、出品用アカウントを作っていたとしても購入者用アカウントと同様の扱いになります。

ほかの通販サイトでは個人情報を若干変えて登録しなおせば再入会が可能な場合がありますが、Amazonアカウントは一度強制退会させられてしまうと、再度登録しようとしても個人が特定されて、再登録はできないといわれています。

買い物履歴がないAmazonアカウントで、Amazonギフト券だけを繰り返し購入していると転売を疑われます。

特に、高額のAmazonギフト券ばかり購入し、そのギフト券を自分のアカウントに登録しないままでいるのは危険です。

普段から日用品や書籍などをAmazonで購入するようにし、購入履歴がAmazonギフト券ばかりという状況を作らないようにしましょう。

Amazonギフト券の現金化はクレジットカード会社の利用規約で禁止されている

Amazonギフト券の現金化はクレジットカード会社の利用規約で禁止されている
クレジットカード会社では、クレジットカードのショッピング枠を使った現金化を会員規約で禁止しています。

Amazonギフト券の現金化をクレジットカード会社に知られてしまうと、クレジットカードの利用停止や強制退会処分となってしまい、それまでのキャッシングやショッピング代金はすぐに一括請求されてしまいます。

ここに注意!

万が一、一括返済ができず自己破産しようとしても、クレジットカード現金化は自己破産の不許可事由に該当するので、自己破産は認めてもらえません。

また、信用情報機関に情報が送られてブラックリストに載ってしまうので、一定期間新しくクレジットカードを作ることができなくなります。

クレジットカードの現金化を試みる人の多くは、既にキャッシング枠上限まで現金を借りていてこれ以上借り入れができない上、新しいクレジットカードを作ろうにも審査に通らないという事情を抱えている可能性があります。

そのような人が、毎月高額のAmazonギフト券を繰り返し購入していたり、ショッピング枠の上限までAmazonギフト券を購入していたりすれば、クレジットカード会社は真っ先に現金化を疑います。

Amazonギフト券を頻繁に買うのは避け、購入する場合はショッピング枠上限まで使い切るのではなく少しショッピング枠を残しておくようにしましょう。

また、普段はクレジットカードで買い物をしない人がAmazonギフト券だけ繰り返し購入していると、クレジットカード会社に怪しまれてしまいますから、現金払いにしている日常の買い物の一部をクレジットカード払いに変更しましょう。

使用済みのAmazonギフト券を買ってしまう危険がある

使用済みのAmazonギフト券を買ってしまう危険がある
Amazonの通販サイトで正規の方法でギフト券を購入せずに、Amazonギフト券販売業者やオークションサイトを利用して購入すると額面より安く買えます。

Amazonギフト券を安く買うことができたら、その分換金率は高くなります。

少しでも多くの現金を得たいと考えたら、正規の方法で購入するより販売業者やオークションを使った方がお得です。

しかし、正規のルートを使わないで購入すると、使用済みのAmazonギフト券を購入させられるなどのリスクがあります。

Amazon公式サイトでは、Amazonが承認していない購入サイトで詐欺など不正取得の可能性があるAmazonギフト券が売買されている事例が多数報告されている、と警告しています。

もし、Amazonに転売または不正に取得したAmazon ギフト券であると疑われてしまうと、購入したギフト券はロック(凍結処置)または無効化されて使えなくなり、ギフト券保有者のアカウントは停止されます。

Amazonギフト券には14桁~15桁の英数字のギフト番号が付与されていて、そのギフト券の有効期限や額面はこのギフト券番号でわかるようになっています。

Amazonギフト券をAmazonサイトでの支払いに利用する場合、Amazonの個人アカウントにこのギフト券番号を登録しますが、一度誰かのアカウントに登録されてしまうと使用済みとなりほかの人は登録できなくなります。

ここに注目!

ネット経由で購入したギフト券の場合、使用の有無、有効期限、額面などはアカウントに登録するまでわからないのです。

悪徳業者や悪質な出品者から購入すると、使用済み、もしくは有効期限切れのギフト券を買わされてしまう可能性があります。

それを売却して現金化する場合、自分のアカウントに登録してしまうと売れなくなるため、事前に使用済みかどうか、有効期限は残っているかなどを確認することができません。

売却したあとで、使用済み、有効期限切れなどが発覚すると、利用者自身が不正な出品者となってしまいます。

Amazonでは、不正なAmazonギフト券の販売が多数報告されている販売サイトの具体名を挙げて注意喚起していますので、確認してみましょう。

悪質なAmazonギフト券買取サイトを利用してしまう

悪質なAmazonギフト券買取サイトを利用してしまう
Amazonギフト券はギフト券番号ですべての情報が管理されており、街の金券ショップに持って行ってもその場で有効かどうかが確認できないため、ほとんどの場合買い取ってもらえません。

Amazonギフト券の現金化におすすめの方法が、オンラインで手続きが完了するAmazonギフト券買取サイトの利用です。

買取サイトで現金化する場合、買取率の相場は90%前後で、多くのサイトは手数料や振込手数料を取りません。

初回利用時は本人確認などの手続きがありますが、それでも申し込みから銀行振り込みまで1時間前後で完了します。2回目以降なら繁忙期を除き最短10分で振り込まれます 。

ただし、悪質な買取サイトに関わってしまうと、さまざまなトラブルが予想されます。悪徳業者に関わったために起こるトラブルの例をいくつか紹介します。

例1

ギフト券を売却して振り込まれた金額が、当初の見積もりより低かった。問い合わせたところ、買取率で計算したあとで、手数料や振込手数料などの名目でお金が引かれていた。

Amazonギフト券買取サイトの中には、98%などという高い買取率を提示しているところがあります。この場合、2%がサイト側の経費・利益という計算になります。

Amazonギフト券の買取サイトは実店舗型ではないため、店舗運営経費がかからず、その分買取率が高いといわれていますが、それでも2%で利益を出すのは難しいはずです。

悪質な買取サイトの中には高い買取率で集客しておきながら、実際には別途手数料や振込手数料の名目で買取金額から差し引いて利益を出す詐欺的な方法を取っているところがあります。

例2

ギフト券番号を知らせたがお金が入金されず、ギフト券をだまし取られた。慌ててギフト券番号を自分のアカウントに登録しようとしたら、既に登録されていて登録できなかった。

Amazonギフト券の買取手続きは、先にギフト券番号を知らせ、その後売却した代金が振り込まれる流れになっています。

悪質な買取サイトがギフト券番号を登録して代金を振り込まなければ、利用者はギフト券を取り戻すことができず泣き寝入りするしかありません。

例3

Amazonギフト券買取サイトを利用して以降、怪しい金融会社からDMが届くようになった。

Amazonギフト券の買取サイトの利用者の中には、限度枠いっぱいまでキャッシングしてこれ以上借りられず、クレジットカードのショッピング枠を使って現金化している人が一定数います。

そのため、買取サイトの顧客リストは闇金業者にとっても大変魅力的で、顧客リストを闇金業者に横流ししている悪質な買取サイトがあります。

例4

初回利用時に提出した本人確認書類が悪用されてしまった。

初回利用時の本人確認書類として求められるのは、運転免許証、パスポート、健康保険証、マイナンバーカード、住民基本台帳カードなどで、スマホのカメラなどでこの中のどれか一つを撮影してファイルに添付して送ります。

このほか、申し込み時には個人名、携帯電話番号、メールアドレス、銀行口座などを知らせます。

悪質な買取サイトにこれらの個人情報が渡ってしまうと、悪用されてしまう可能性があります。

被害に遭わないために注意すべきこと

悪質な買取サイトを利用して、被害に遭わないためにはどんな点に注意すればいいのでしょうか。

Amazonギフト券の現金化で買取サイトを利用する際は、悪質な買取サイトではないか、安全な業者であるか確認することが大切です。

1つめのポイント

安全な業者であるか確認するために必ず行ってほしいのが、外部サイトでその買取サイトの口コミを確認し、よい口コミ、悪い口コミの両方をじっくり見ておくことです。

悪徳業者だと名指しする口コミが多いサイトは、利用を避けた方がいいでしょう。

また、口コミがあまり見つからないサイトは、サイト開設から間がなく実績が少ないか、悪徳サイトが名前を変えて新規開設したサイトの可能性がありますので、わざわざ使うメリットはありません。

2つめのポイント

次に、買取サイトの会社概要を見て、会社情報(会社所在地・電話番号・責任者名など)がきちんと掲載されているかを確認しましょう。

会社情報が少ない会社は、トラブルが起きるとすぐにサイトを閉鎖し、連絡がつかなくなるようにしている可能性があります。確認した会社情報は、トラブルに備えてメモしておくことをおすすめします。

また、社歴の浅いサイトの場合は、先に口コミのところで紹介したように、売買実績がない悪徳サイトの可能性があるので、利用するメリットはありません。

3つめのポイント

ホームページトップの買取率をそのまま信用せず、サイトの隅から隅までよく確認しましょう。

高い買取率には、「ただし、この買取率は10万円以上の場合に限ります」「買取率で計算後、別途手数料が引かれます」などの但し書きが小さく示されている可能性があります。

まとめ

Amazonギフト券の買取が危険といわれる理由と、現金化が発覚したら課せられる可能性のあるペナルティ、利用の際の注意点について紹介しました。

使わずにたまっているAmazonギフト券をお持ちであれば、買取サイトを利用してお小遣い稼ぎができますが、安易にAmazonギフト券を現金化すると痛い目に遭うかもしれません。

もしAmazonギフト券の現金化に挑戦するなら、今回紹介した点に注意して行ってください。